SSH 活動日誌

地学部・社会科研究部による東北縄文遺跡研究

令和3年7月「北海道・北東北の縄文遺跡群」として17遺跡が世界文化遺産に登録されました。

そこで縄文期の遺跡について、地学的観点と歴史的観点をふまえ令和3年度調査研究を実施しました。

10月9日(土)・10日(日)の2日間、三内丸山遺跡(青森県青森市)と大湯環状列石遺跡(秋田県鹿角市)、御所野遺跡(岩手県一戸市)をめぐり、地学部と社会科研究部の生徒8名が深い学びを実践してきました。

各々が事前研究で研究課題を設定し、現地ではフィールドワークを実施しました。現地までは地図を参照しつつ徒歩で移動し、地形や断層を観察しました。多くの刺激を与えられ、自分で歩いて感じることの大切さも学びました。1万2千年前に始まる縄文期の気候や地形を考え、地図から断層や地形の変化を読み取るフィールドワークも楽しかったです。

縄文期の建築とは思えない巨大な掘立柱建物を見上げ、東北地方の縄文文化が想像以上に発達した社会で、生き生きとした文化が存在していたことを感じました。

 

大湯環状列石遺跡でも死者や葬送への社会的思想を感じることができました。

特に多かった生徒の感想は、「今後も現地での学びやフィールドワークを続けてみたい」という意見でした。

貴重な経験をありがとうございました。