校長室より

英語による研究発表会(Kumagaya English Expression Network)

英語の頭文字をとって通常KEENと呼んでいる研究発表会は、今年度は熊谷高校で開催しました。

熊谷西高校と熊谷高校が主催で、国立研究開発法人科学技術振興機構が後援になっています。

昨年度はオンラインでの開催でしたが、今年度は新型コロナウイルスに対する感染防止対策を徹底したうえで、本校で実施しました。

 

発表はポスター発表と口頭発表で行われました。司会も含めて基本的にはすべて英語で行われました。

司会は熊谷高校の3年次生が担当しました。

ポスター発表は化学分野3本、生物分野3本、物理分野が1本で、口頭発表は化学分野7本、地学分野が2本でした。

 

Feedback Sheetが用意されていて、Good PointsやComments on improvementsなど互いに切磋琢磨するような形になっています。

更にアンケートもあり、それぞれの質問項目に対してどう感じたかなど振り返ることができるようになっています。

 

指導助言として大学の先生にもお越しいただきました。

また、大学の先生には Language learning in the Age of Information と題して講演もしていただきました。

 

参加の生徒の皆さん、研究、実験、準備や発表などお疲れ様でした。

また、御指導に当たられた各学校の先生方、指導講評の大学の先生、本当にお世話になりました。

 

生徒の皆さんは実際に参加して感じることも多かったと思います。

今回の会で得たものを今後の活動に生かしてほしいと思います。

   記念館入口の掲示

  リアクションカード入れ

    フィードバックシート

 英語によるのポスター発表

    発表前の準備

熊高の司会者 直前英語の確認

    発表の様子

     発表の様子