校長室より

熊谷女子高校 創立百十周年

11月13日(土)埼玉県立熊谷女子高等学校

創立百十周年記念式典が

同校体育館で行われました。

 

体育館には3年生の他に

多数の来賓等が出席しました。

生徒の話によると1,2年生は

各教室にてオンラインで

参加しているとのことでした。

 

【記念式典次第】

1 開式のことば

2 国歌斉唱

3 校長式辞

4 実行委員長あいさつ

5 埼玉県教育委員会のことば

6 来賓祝辞

7 来賓紹介・祝電披露

8 保護者代表のことば

9 生徒代表のことば

10 校歌斉唱

11 閉式のことば

 

式典後、休憩をはさみ、

記念講演会を実施しました。

 

講師は同校の卒業生で、

イスラム・エスノグラファーである

常見藤代(つねみ ふじよ)様で、演題は

「旅で学んだ人生を豊かに幸せに生きるヒント」

でした。記念講演会のリーフレットには

多数のご著書の紹介が掲載されていました。

今回のご講演はご自身の経験に基づいた

非常に貴重なお話でした。

 

【記念講演会次第】

1 開会の言葉

2 挨拶 

3 講師紹介

4 講演

5 謝辞・花束贈呈

6 閉会の言葉

 

記念式典における生徒代表のことば、

記念講演会における謝辞や花束贈呈は、

前期・後期の生徒会の皆さんが

行いましたが、代表にふさわしく

堂々として大変素晴らしいものでした。

 

また、「創立110周年の記念品」は

「木製ストラップ」でした。

 

第1回卒業生が卒業記念として

校長室前に植樹した「くすのき」。

その「くすのき」が枯れ始めてきたことから、

事故を未然に防ぐために、やむなく伐採。

 

伐採した材木を、「第1回卒業生の思い」

として残すために、

「室名札」と「木製ストラップ」に

製作したとの説明書きがありました。

 

大切にしたいと思います。

 

様々な学校の式典に出るたびに

卒業生や関係する多くの方々の

学校に対する「思い」を感じます。

 

明治28年(1895年)創立の本校も今年で126年。

多くの方々の様々な思いを経て現在があります。

 

気持ちを新たに皆様の期待に応えるべく

生徒、教職員一丸となって

よりよい学校として地域貢献、社会貢献

できる人材育成に邁進する所存です。

 

本日の式典開催に向けて、長きにわたり準備に

かかわってきた皆様方、本当にお疲れさまでした。

     受   付

   開始前 会場準備

     壇   上

  生徒演奏 体育館2F

    開式のことば

     校長式辞

   実行委員長あいさつ

  埼玉県教育委員会のことば

  来賓祝辞 埼玉県議会議員

   来賓祝辞 熊谷市長

  来賓祝辞 歴代校長代表

     来賓紹介

   保護者代表のことば

    生徒代表のことば

    閉式のことば

    記念講演 演題

 記念講演 開始前 式場様子

     記念講演

    謝辞 生徒代表

   花束贈呈 生徒代表

  記念式典 パンフレット

創立110周年記念品 木製ストラップ