校長室より

『坊ちゃん』先生 『田舎教師』 渋沢栄一氏・書 紹介リーフレット

熊谷高等学校(旧制熊谷中学)はこれまで

多くの著名な方が過ごしてきています。

 

夏目漱石『坊ちゃん』の主人公・坊ちゃんのモデルとされ、

漱石の友人でもある「弘中又一」氏は

熊谷中学の数学教師として過ごしました。

 

また、田山花袋『田舎教師』の主人公、林清三のモデルだった

「小林秀三」氏が生徒として通っていました。

 

明治34年(1901年)第2回卒業記念写真には

「弘中又一」氏と「小林秀三」氏が一枚の写真に納まり、

日本近代文学の傑作のモデル2人が同じ時を現熊谷高校で

過ごした歴史を物語っています。

 

本校の『熊谷高校八十周年誌』(昭和50年、1975年発行)には

『在熊谷19年』と題した弘中先生の寄稿文が掲載されています。

 

その中で彼は「27歳から45歳まで人生の主要な大部分を

桜と男の熊谷」で過ごし、「熊谷の19年は生涯の

最も愉快な19年であった」と記しています。

 

本校のOBの方がこのあたりの様子をリーフレットに

まとめ、持ってきてくれました。

本当にありがたいことです。

 

また、渋沢栄一氏の書も本校にはあります。

 

明治43年(1910年)11月、渋沢栄一氏は

教育に関する講演会のため熊谷中学を訪れました。

 

渋沢氏は「克忠克孝」と揮毫した書を

熊谷中学に残しました。

本校の記念館には「克」の一文字が表装され

展示されています。

 

この辺の様子もこのリーフレットには記されています。

 

校長室の前のパネルにも「弘中又一」氏と「小林秀三」氏

に関する記述があります。

 

また、平成30年(2018年)には生徒会館の横に

『坊ちゃんと田舎教師』記念碑が建立されました。

 

生徒の皆さん、是非一度意識して見てください。

 

リーフレット作成に関わった皆様改めて御礼申し上げます。

ありがとうございました。

今回作成リーフレット

 渋沢氏の書の写真も

   校長室前のパネル

第2回卒業記念写真(明治34年)

  パネルの該当箇所  表記

『坊ちゃんと田舎教師』記念碑

 記念碑は生徒会館の横に設置

 熊谷高校八十周年誌