校長室より

コロナ禍における熱中症対策

梅雨が明けて夏本番です。暑い日が続きます。

互いに熱中症には注意したいと思います。

 

厚生労働省のホームページをみると、

「新しい生活様式」おける熱中症予防行動

ポイントが掲載されていました。

 

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために、

「新しい生活様式」として、一人ひとりが感染防止の3つの基本である

1.身体的距離の確保、2.マスクの着用、3.手洗いや、

「3密(密集、密接、密閉)」を避ける等の対策を取り入れた

「新しい生活様式」を実践することが求められています。

 

一方で、これから、夏を迎えるにあたり、熱中症にも

注意する必要があります。

 

新型コロナウイルスの感染拡大防止 + 熱中症予防

のポイントをまとめました。

 

〇屋外で人と2m以上(十分な距離)離れている時

  熱中症を防ぐためにマスクをはずしましょう。

 

〇マスク着用時は、

 激しい運動は避けましょう。

 ・のどが渇いていなくても、

  こまめに水分補給しましょう。

 ・気温・湿度が高い時は

  特に注意しましょう。

 

〇暑さを避けましょう。

 ・涼しい服装日傘帽子

 ・少しでも体調が悪くなったら、涼しい場所へ移動

 ・涼しい室内に入れなければ、外でも日陰

 

〇のどが渇いていなくても、こまめに水分補給をしましょう。

 ・1日あたり1.2L(リットル)を目安に

 ・1時間ごとにコップ1杯

 ・入浴前後起床後もまずは水分補給を

 ・大量に汗をかいた時は塩分も忘れずに

 

エアコン使用中もこまめに換気をしましょう。

(エアコンを止める必要はありません)

 ・窓とドアなど2か所を開ける

 ・扇風機換気扇を併用する

 

〇暑さに備えた体づくりと

 日頃から体調管理をしましょう。

 ・暑さに備え、暑くなり始めの時期から、

  無理のない範囲で適度に運動「やや暑い環境」で「ややきつい」

  と感じる強度で毎日30分程度

 ・毎朝など、定時の体温測定健康チェック

 ・体調が悪い時は、無理せず自宅で静養

 

以上のように書かれています。

 

新型コロナウイルス対策と熱中症対策を両立できるように

意識して生活してください。

   環境省 厚生労働省 作成リーフレット

  換気 暑さを避ける こまめに水分補給

      夏の空 教室棟の上空

      夏の空 生徒会館上空 

                    夏の空 バックネット上空

                              厚生労働省ホームページ参照