校長室より

マスクづくり 家庭科

各クラスの授業の様子を見ました。

どのクラスもソーシャルディスタンスを確保して授業を実施していました。

県の指針で、家庭科の調理実習等は当面実施できませんが、

スペースを確保したうえでの、被服室の使用は可能です。

家庭科の3年生の授業ではマスクづくりをしていました。

 

生徒は先生の指示に従って、ミシンを使って上手にマスクを制作していました。

新型コロナウイルスの被害者にも加害者にもならないように適切にマスクを使用することはとても大切なことです。

 

マスクに関しては一時期ほどの品不足感はなくなってきましたが、

自分で作れば一層愛着が出てくると思います。大切に利用してほしいと思います。

   被服室 先生の説明

   ミシンを使って作業