旬熊

2015年6月の記事一覧

PTA進路講演会

6月27日(土)午後2時より本校記念館3階にてPTA進路委員会主催の進路講演会を実施しました。駿台予備学校大宮校の小池田真人副校舎長を講師にお迎えし、「親子で乗り切る大学入試」という演題で、大学入試の現状、2015年度入試結果、現役合格に向けて、保護者に向けて等大変ためになるお話をしていただきました。その後、本校の多賀谷進路主事より、各学年の進路指導計画について話をしてもらいました。天気の悪い中、300人近い保護者の方にご参加いただきました。ありがとうございました。



期末考査一週間前の風景

 6月29日(月)から4日間にわたり期末考査が始まります。考査一週間前は、大会間近などの特別な理由を除き、原則として部活動を休止して勉強に集中することになります。この期間は1,2年生も夜8時30分まで教室でも勉強して良いことになります。
 普段より朝早く登校して勉強する生徒や「夜ゼミ」に参加する生徒、渡り廊下の机で勉強する生徒、放課後図書館で勉強する生徒たちの様子をお知らせします。頑張れ、熊高生!!




2年生による柔道大会

 6月24日(水)午後から2年生は柔道大会を実施しました。2年生にとっては最初のクラス対抗戦で、蒸し暑い中大変盛り上がりました。決勝は担任の増田先生率いる4組と白倉先生率いる7組。20名による総当たり戦で、序盤は7組が連勝し圧倒的かと思われましたが、徐々に4組が盛り返し、11対9の白熱した試合を制したのは7組でした。おめでとうございます。



生徒会選挙

6月8日(月)7時間目に生徒会長並びに副会長の信任投票がありました。開票の結果、3年生の野口佳佑君が生徒会長に、同じく3年生の伊藤太順君が副会長に選ばれました。


サッカー部 キッズサッカーフェスティバルへの協力


本日(6/7)本校サッカー部1年生が、くまがや文化公園自由広場で行われたJFAキッズ(U-6)サッカーフェスティバルにおいて、審判員として協力参加しました。日頃お世話になっている連盟の方や応援してくださる地域の方への感謝も込めて、部員たちは子どもたちと触れあっていました。将来この中から本校のサッカー部に入部してくれる子がでてくれるといいですね。

NEW 剣道部 関東大会出場

 ソフトテニス部と同様剣道部も 第62回関東高等学校剣道大会(千葉県千葉市ポートアリーナ)に出場しました。ベスト16を選ぶリーグ戦で神奈川の希望が丘高校、栃木県の佐野日大高校と対戦しました。残念ながら2試合とも敗れベスト16には残れませんでしたが、埼玉県代表としてよく戦いました。保護者の方も多数応援に駆け付けていただきありがとうございました。次のインターハイ予選に向けてさらに頑張ってほしいと思います。

ソフトテニス部 関東大会出場


飯塚渉・相上生磨ペアが群馬県前橋市で開催された関東高校ソフトテニス選手権大会に出場しました。1回戦を勝ち上がりましたが、2回戦では惜しくも敗退してしまいました。選手たちは他の部員の応援を背によく頑張ってくれました。応援していただいた保護者や関係者の皆様、ありがとうございました。

校長レクチャー

6月1日(月)午後4時30分より春山校長自ら、教育実習生たちに採用試験に向けてレクチャーしました。試験の概要から埼玉県の教育課題、埼玉県教育振興基本計画等について分かりやすく説明してくださいました。春山校長も久しぶりに母校の教壇に立ち、話にも熱が入りました。

2年生模擬講義

6月1日(月)6限と7限を使って、2年生は埼玉大学教授・准教授による模擬講義を実施しました。「建築から見るナチス・ドイツ~ヨーロッパ文化史の奇妙な1章」「国家は破綻する?」「国語科教育指導法」「遺伝子:発現の仕組みと組換え」「機械工学とはどんな分野か~概要と先端研究の紹介~」という講義タイトルで大変興味深い授業をしてくださいました。生徒たちにとっては90分という大学の授業は長く感じたかも知れませんが、将来自分が目指す専門分野で「学問」の世界を味わってもらいたいです。


教育実習生講話

6月1日(月)6時間目、1年生は体育館にて教育実習生講話を実施しました。22名の実習生のうち5人が代表して話をしてくれました。文系・理系の文理選択について、大学生活について、熊高時代の過ごし方や勉強の仕方についてアドバイスをしてくれました。「熊高生の今しかできないことを存分にやって欲しい。卒業してから同じ時間を共有してきた仲間がいることは本当にありがたい。」と卒業生としての言葉も贈ってくれました。