旬熊

2016年2月の記事一覧

音楽部、石原小学校訪問

2月23日(火)午後、音楽部は石原小学校を訪問し、小学校4年生・5年生と合唱を通じて交流しました。45分の間に、「上を向いて歩こう」、「君を乗せて」、両校の「校歌」など7曲を披露しましたが、今回は高校生への質問コーナーを設け、直接生徒同士のやりとりをしました。

第2回学校評議員会並びに学校評価懇話会

2月18日(木)午後、5時間目の授業見学に始まり、学校評議員会と学校評価懇話会を開催しました。学校評議員会では、「今年度の熊高の進路指導」と「熊高の将来構想」について話し合いました。学校評価懇話会では生徒3人を交え、学校自己評価システムシートを中心に今年度の取組について意見交換をしました。出された提言等については来年度の取組に活かしていきます。


1年生 心停止救助講習会

2月16日(火)と17日(水)の体育の授業を利用して、1年生は心停止救助講習会を行います。毎年、クレーマージャパンの職員を講師としてお願いし、AEDの操作を含め実際に救助する方法を学んでいます。生徒たちはグループになり、確認しながら実演してみました。

SSH関連事業 サイエンスダイアログ

2月15日(月)7時間目の総合的な学習の時間を活用して「サイエンスダイアログ」を実施しました。これは熊高ゼミの講座の中で「基礎及び先端物理の探究」「化学課題研究」「地学の課題研究」「生物探究活動」を選んだ生徒対象に行われているものです。「赤甍」にもありますが英語で専門的な話を理解するのはかなり大変ですが、それぞれの講師の先生はパキスタン出身であったり、ギリシャ出身であったり英語が母語でない方々が多かったです。どの分野でも英語はコミュニケーションツールとして欠かせないものです。自己紹介の中では、なぜこの分野を研究することにしたのか等生徒が進路を考える上でのヒントとなる話もしてくれました。参加した生徒の心に熱い灯がともってくれることを期待します。



日輪の下に

2月14日(日)午前10時より県立松山高校にて県内6校の應援團が集い演技発表会がありました。各校とも伝統ある独自の応援と天井まで届きそうな大きな團旗の下で力一杯技を披露しました。