旬熊

2017年6月の記事一覧

学年集会

 本日で1学期の期末考査が終了しました。
 テスト終了後、1年は早速学年集会を実施しました。進路担当の先生から7月に実施される模擬試験に向けて、さらには夏休みに向けての過ごし方、大学のオープンキャンパスへの参加についての諸注意等がありました。1年生にとってはこれからの高校生活をしっかりと過ごす上でも大切な夏休みです。今回話されたことを肝に銘じて夏休みを過ごしてほしいものです。

救急救命・AED講習会

 6月27日(火)午後、全日制・定時制合同による職員研修の一環として、救急救命・AED講習会を開催しました。熊谷消防署員の方々を講師にお迎えし、胸部圧迫法やAEDの使用方法等について実際に体験し学びました。各グループでの人形を使った実践研修のあと、実際の場面を想定して、救急救命開始から救急車到着までをシミュレートした訓練も行いました。本校では、40キロハイク、臨海学校、クロスカントリー大会など体育的な行事を多く実施していますので、いざというときに備えて、きちんと対応ができるよう今後も訓練に臨んでいきたいと思います。



期末考査がスタート!

 6月26日(月)、第一学期の期末考査が始まりました。本校では7月中旬に1年生の臨海学校が行われるため、県内の他の高校よりも少し早めの期末考査開始になります。考査1週間前の先週は、多くの生徒たちが、放課後や図書館で一心に勉強している姿が見られました。第一学期の学習の集大成である期末考査に向けて、全員が全力で取り組んで大いに成果を発揮してほしいと思います。

2年生柔道大会

 6月22日(木)、恒例の2年生柔道大会を実施しました。熊高では、毎年この時期に約1ヶ月間、2年生の体育の授業で柔道を行い、基本的な受け身、投げ技、寝技などを習得してからこの大会に臨みます。各クラスからの20人による対抗勝ち抜き戦で試合は行われ、どの試合もレベルが高く気合いが入った白熱戦となりました。決勝は3組と8組…優勝を勝ち取ったのは3組でした。決勝の大将戦では、周りの生徒は皆正座をして応援します。本気の戦いの中にも礼儀あり。2分間の試合を最後まであきらめずに全力で戦った熊高生たちは、きっと何か大切なことを学んだことと思います。



PTA進路講演会

 6月17日(土)、本校記念館3階にて、恒例のPTA進路講演会が開催されました。今回の講演会では、昨年度に引き続き、駿台予備学校大宮校 校舎長 吉井 素子 先生をお招きして、「親子で乗り切る大学入試」というテーマでご講演をいただきました。大学入試に関する豊富な数値データや、受験生とその保護者から多数寄せられた声などを示していただきながら、今後の大学入試の展望や保護者として留意してほしいことなどについて非常に示唆に富むお話をうかがうことができました。 
 PTA進路委員の皆さまにおかれましては、講演会に向けて企画、準備、運営等にわたりお力添えをいただきありがとうございました。また、暑い中ご多忙にもかかわらず、250名近くの保護者の皆さまに足を運んでいただき心より感謝申し上げます。



「名作を楽しむ会」

 本日、6月15日(木)の昼休みに、本校記念館3階和室にて、本年度第2回目となる「名作を楽しむ会」が開かれました。本年度は、本校で理科(物理)を担当している岡田知二先生が、自作の小説「ゴルディアスの赤い糸の結び目」を朗読してくれました。主人公である女子高生(真琴)とその母(秋子)の物語が、美しく、また、ミステリアスに展開していくところに、参会者は引き込まれながら聴き入っていました。

教員間の互見授業

 本校では、今週の1週間教員間での互見授業が行われています。主にICTを活用した授業を中心に授業を公開してもらい、他の教員が見学に行く形をとっています。本日も実施されていましたが、4時間目の時間帯には校外の教育関係者の方も参観されました。


前期生徒会役員選挙

 本日7限目に生徒会選挙がありました。今年度の前期生徒会長と副会長の選挙ですが、候補者がそれぞれ1人だったので信任投票でした。候補者は自ら掲げた公約をもとに選挙演説をし、その後、質問者が前に出て公開の質疑応答を行います。質問者からの質問に両候補者とも真摯に答えていました。投票の結果、2年生の森 智美君が生徒会長に、同じく2年生の小泉 佳弘君が生徒会副会長に信任されました。

熊高ゼミがスタート!

 本校では、1・2年生の生徒を対象に、総学の時間を活用して「熊高ゼミ」を実施しています。熊高ゼミでは、1・2年生の生徒全員が教科の枠を超えた様々なゼミに所属し、ある1つのテーマについて1年間かけて調査や実験などを行い研究を深めます。生徒たちは、自分たちで探究活動に取り組むため、主体的に学習課題に取り組む力や論理的思考力を高めることができます。また、年度末には研究成果を発表するので、プレゼンテーション能力の向上も期待できます。
 年度当初にオリエンテーションを開催し、所属ゼミの希望調査を行い、本日、第1回目のゼミを開講する運びとなりました。熊高ゼミを通して、生徒たちには、学びを深めることの面白さをいっぱい感じ取ってほしいと思います。

<本年度開講される「熊高ゼミ」一覧(全29講座)>
「いろいろな数学」、「数学ICTフィールドワーク」、「考察ゲーム探究」、「数学、一歩先へ証明と計算」、「公民権運動が拠り所としたもの」、「プログラミングの基礎(ACTIVE BASICを体験する)」、「魅惑の図形Part2」、「生物課題研究」、「岩石学基礎探究」、「物理学の探究」、「化学課題研究」、「パスカル『パンセ』を読む」、「歴史学・地理学の研究」、「柔道」、「スポーツサイエンス」、「サッカー探求」、「ゴール型球技探求」、「浦和レッズ探究」、「JUSTICE」、「英語プレゼンテーション入門」、「トリリンガルになる」、「Rakugo in English」、「How to express  in English」、「Discussion and Debate」、「【熊単】を創ろう」、「目指せ文学旅行プランナー」、「チャップリンを科学する」、「世界の合唱音楽を味わおう」、「書道探究」


教育実習期間の最終日

 本日6月9日(金)は、前期教育実習期間の最終日でした。本校OBである17名の教育実習生が、3週間(または2週間)の実習期間を終えるに当たり、6月7日(水)から本日にかけて研究授業を行いました。本校教職員からきめ細かな指導を受けてきた実習生は、各自創意工夫しながら授業の指導案を作成し、精一杯研究授業に臨んでいました。本校を卒業した「教師の卵」たちが、この実習期間で学んだことや感じたことをいつまでも忘れずに、教育に対する熱い情熱を持ち続け、将来の埼玉教育を担ってくれることを期待しています!