旬熊

2017年12月の記事一覧

献血クリスマスキャンペーン協力

 去る12月23日(土)午前JR熊谷駅において、熊谷駅献血ルームクリスマスイベントに本校生徒会の有志がボランティアとして協力してきました。昨年から熊谷駅献血ルームが主催し実施されていて熊谷市内の高校生がボランティアとして協力しています。
 他校の生徒とともに、参加した生徒も通行する方々に献血への協力を呼びかけていました。

2学期最終日の熊高の様子

 今日は、いよいよ第2学期の最終日ですが、熊高の1日は授業からスタートしました。本校では、始業式の日も終業式の日も授業を実施しています。「たとえ1時間でも授業時間を大切に」というのが本校の方針です。生徒たちもそれに応えて、しっかりと真剣に授業に臨んでいました。なお、2年生は、駿台予備校から講師をお招きし、記念館3階を会場に入試説明会を行いました。
 第2学期の終業式は11時から開式しました。式の中で、武内校長は、単に知識を覚えるだけにとどまらない主体的な学びが重要であることや、いよいよ間近に迫った大学入試に向けて「力を出し惜しみしないでほしい」ことなどを生徒たちに強くうったえました。式の最後には恒例の肩を組みながらの校歌斉唱、そして、生徒指導部主任からの冬季休業中の生活上の注意、また、東日本大震災被災地訪問に参加した生徒からの報告会も行われました。その後は、3年生は学年集会、そして、各教室ではクラス担任によるHRが行われ生徒たちに通知表が手渡されました。
 放課後の時間も盛りだくさんです。グラウンドでは、昨日のサッカー大会で優勝した3年4組対教職員チームによるサッカーのエキシビションマッチが行われました(結果は1-0で3年4組の勝ち)。また、埼玉大学から講師をお招きしてのロボット研究講座や、吹奏楽部によるクリスマスチャリティーコンサート(会場は八木橋百貨店)なども開催されました。
 2学期最終日である今日1日だけでも、熊高ではこのように様々な教育活動に取り組んでいます。来年も良い年を迎えられますよう、そして、熊高の教育活動がますます充実するようご支援・ご協力のほどお願いいたします。

●終業式の日も授業を実施  
   

●2年生対象入試説明会
   

●第2学期終業式
   

●3年学年集会、担任によるホームルーム
   

●放課後の活動(サッカー・エキシビションマッチ、ロボット研究講座、吹奏楽部クリスマスチャリティーコンサート) 
   
   

サッカー大会決勝

 本日3時間目、3年生サッカー大会の決勝戦が行われました。期末考査後から時間割変更を行って試合を進めてきましたが、とうとう優勝をかけた4組対6組の大一番を迎えました。各クラス3チームずつ編成して対戦をしましたが、1-1となりPK戦に持ち込まれました。PK戦でも両クラスのゴールキーパーがシュートをそれぞれ止めるなど活躍しましたが、最終的に2-1で4組の優勝となりました。4組の皆さん優勝おめでとう。6組も残念でしたが本当に頑張ったと思います。お疲れさまでした。このサッカー大会を持って3年生は最後のスポーツ大会となりました。


英語パフォーマンステスト

 熊高の授業では、各教科担当教員が様々な創意工夫をこらし、生徒の学習意欲の高揚や学力の向上を図る取組を行っています。今日は、英語の授業(1年生:コミュニケーション英語Ⅰ)において、ALTのMatthew先生をはじめとする英語科の教員が生徒一人一人と英語による面接を行い、スピーキング能力を評価するためのパフォーマンステストを実施しました。生徒たちは、緊張した面持ちながらも英語による質問に答えたり英語での自己表現に取り組んだりしてテストに積極的に臨んでいました。
 現在、大学入試改革の方向性として、英語の4技能(リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングの4つの技能)をバランス良く評価していこうという流れとなっています。したがって、この4技能を授業の中でいかに育成していくかが多くの高校で課題となっています。特に、英語のスピーキングの力は、国際英語力調査によるスコア結果でも日本人の弱いところというデータが示されています。熊高では、将来の大学入試対策のみならず、国際的に活躍できるための人材育成を見据えて、英語4技能、特にスピーキングスキルの向上を目指して頑張っています!

   

年次集会

 4限目に1・2年生は年次集会を行いました。1年生は11月に実施された模試の分析会を行いました。1年次の進路担当が全体の概要説明・今後どのように勉強したらよいかなど具体的にアドバイスをしました。2年次は修学旅行という高校生活では大きな節目の行事が終わり、そして期末考査も終わった今、冬休みを前にしてこれまでの学習あるいは直近に受けた模擬試験等を振り返り、大学受験も意識してこれからを過ごしてほしいとの意味も込めて集会を実施しました。

1年次


2年次

3校合同小中学生科学体験教室

 先週土曜日の16日、熊谷市内でスーパーサイエンスハイスクール(SSH)に指定されている3校(熊谷・熊谷女子・熊谷西)が合同で、熊谷西高校を会場として小中学生対象の科学体験教室を実施しました。保護者を含めて多くの方に参加いただきありがとうございました。

SSH特別講義

 本日SSH事業の一環として、2年次生物理基礎選択者を対象に特別講義「元素について 水素からニホニウムまで」を実施しました。講師は本校OBでもある東北大学 電子光理学研究センターの須田利美教授です。須田先生には、毎年2年生の物理基礎選択者に講義をしていただいています。我々の体を構成している必須元素についてや、先生も発見にかかわられたニホニウムの話など興味深い話題ばかりでした。最後には「物理の分野はまだまだ解明されていないことも多い。ぜひこの中からその解明に挑戦する人が出てきてほしい。」と話をされていました。

期末考査がスタート!

 12月8日(金)~13日(水)の日程で本校では第2学期末考査を実施します。赤甍でも掲載したように、多くの生徒が放課後の教室や図書館で試験勉強に励んでいました。生徒の皆さんには、これまでの学習成果を大いに発揮して試験に取り組んでほしいと思います。なお、風邪やインフルエンザが流行っていますので、くれぐれも体調に留意して試験期間を乗り切ってください。

 

小学生対象科学体験教室

 本日午前中は土曜授業が有りましたが、午後に本校SSH主催で熊谷市内小学生対象科学体験教室「どんぐりで遊ぼう」を実施しました。本校の生徒が小学生とグループを作って手助けをしながら、どんぐりを使ってコマ作りやクリスマスリースを作成しました。実際にどんぐりや松ぼっくりを拾う体験もしてもらいました。半日ではありましたが、参加してくれた小学生たちも生き生きとしながら製作し、できあがったコマやリースを大事そうに持ち帰っていました。


2年生修学旅行

 赤甍等でも触れていましたが、2年生は11月24日(金)~28日(火)の4泊5日の日程で修学旅行に行ってきました。2日間の代休を挟んで、本日から2年生も学校に戻ってきました。
 遅くなりましたが、修学旅行中の様子を一部ですが以下に写真を掲載します。