旬熊

2018年6月の記事一覧

今日の大会・行事等

昨日期末テストが終了し、部活動が再開されました。
また、本日の熊高は大会・行事で盛り上がりました。
まず、午前中のテニス・卓球大会は、3年生のクラス対抗で、各クラスの生徒がテニスと卓球に分かれて試合に臨みました。天気もよく風も少なくグランド等で最後まで試合を行うことができました。
次に、午後は13:20~第一回名作を楽しむ会が視聴覚室で開かれました。今回は『遠い空の向こうにOctober Sky(108分)』を上映しました。作品のキーワードは「ロケット」「NASA/JAXA」「将来の夢・進路」です。
☆第一回名作を楽しむ会 生徒の感想より
「受験勉強で時間が取れない中、このようないい映画を見ることができよかった。ぜひ第2回も開催してほしい」
「夢を追いかけることの厳しさと大切さを学ぶことができた」
「一人の行動が、たとえ困難を伴っていても、社会に大きな影響を与え、人生を変えることにつながると知った。」
「父と子の心のすれ違いが強調して描かれており、それがラストの感動をより強めていた。ぶれない友情に勇気付けられた主人公が印象的だった。」

午前中に2年生はRST(リーディングスキルテスト)をPC室で実施しました。今後も各クラスで順次実施します。
RSTは、大学入試を突破する人工知能の研究を通して開発した基本的読解力を測定するテストです。教科書や新聞から切り抜かれた数文を読んで、その意味を正確に理解できているか問うもので、従来の知識偏重型テストとは一線を画しています。生徒はこのテストの実施と評価のフィードバックを繰り返すことで読解力を身につけることができます。

救急救命・AED講習会

 6月25日(月)午後、全日制・定時制合同による職員研修の一環として、救急救命・AED講習会を開催しました。熊谷中央消防署員の方々を講師にお迎えし、人形を使って胸部圧迫法やAEDの使用方法等について実際に体験し学びました。救急救命開始から救急車到着まで平均約8分かかるとのことで、実際の救急場面をシミュレートした訓練も行いました。
 本校では、40キロハイク、臨海学校、クロスカントリー大会など体育的な行事を多く実施していますので、いざというときに備えて、きちんと対応ができるよう今後も訓練に臨んでいきたいと思います。

   

第一学期末考査がスタート

 6月25日(月)、第一学期の期末考査が始まりました。本校では7月に1年生の臨海学校が行われるため、県内の他の高校よりも少し早めの期末考査開始になります。考査1週間前の先週は、多くの生徒たちが早朝や放課後に図書館、教室等で勉強している姿が見られました。第一学期の学習の集大成である期末考査に向けて、全員が全力で取り組んで大いに成果を発揮してほしいと思います。

 

ひまわりと夕焼け

今日は一日良い天気でした。校舎の窓に映る見事な夕焼けです。

そして、その黄色に負けないくらい鮮やかなひまわりが開花しました。
このひまわりは生徒が種を撒いたのだそうです。
こんなに美しい夕焼けなのに明日は雨の予想。
梅雨明けはまだ先なのでしょうか。

大学生を囲む会

 本日夕方、この春に東京大学を受験し見事合格を果たした本校卒業生 小林 史弥 さんを講師としてお招きし、勉強に関するアドバイスや大学受験に向けての心がまえ等のお話をいただきました。夕方遅い時間でしたが、50人以上の生徒が参加し小林さんの話に耳を傾けました。
 「勉強は『時間』でなく、『量』をどれだけこなせるかどうか」、「現役時代に東大は無理だとあきらめてしまったことが自分の最大の失敗、最後まであきらめない心が大事」、「熊高にはよき友、よきライバルがいるのでお互いに切磋琢磨し合える関係を」など非常に示唆に富むお話があり、多くの生徒が気持ちを新たにしたようでした。質疑応答では多くの質問が生徒から寄せられ、会場全体が大変熱い雰囲気に包まれました。
 いよいよ期末考査一週間前となりましたので、生徒の皆さんはぜひ小林さんからのアドバイスを励みに頑張ってほしいと思います。

  

SSH英語による研究発表会(KEEN)

 6月16日(土)午後、熊谷市立市民ホールにて、SSH(スーパーサイエンスハイスクール)事業の一環である「英語による研究発表会(通称「KEEN(Kumagaya English Expression Network)」)を開催しました。本校はSSH指定校として様々な活動に取り組んでいますが、研究内容やリサーチの結果などを世界に広く発信していくために英語をツールとした情報発信力育成にも大いに力を入れています。本発表会は今年で2回目となりましたが、近隣の熊谷西高校にもお声かけをして生徒さんにご参加いただき、本校生徒分と合わせて口頭発表4本、ポスター発表21本という多くの研究発表を行うことができました。また、指導助言者として大学の先生や海外からの留学生、市内高校に勤務するALTなど8名の英語のネイティブスピーカーの先生にお越しいただくとともに、生徒の保護者をはじめとする一般の方々にもたくさんご来場いただき、発表会は大盛況となりました。
  前半はポスター発表が行われ、生徒たちはそれぞれグループで作成した英語のポスターの前で、英語を使って研究内容を説明しました。後半では口頭発表4本が披露され、パワーポイントや動画を提示しながら自己の研究について英語で説明しました。指導者であるネイティブスピーカーの先生からは英語での鋭い質問が生徒に向けられましたが、生徒たちは頑張って質問に英語で受け答えをしていました。最後は、英語を使って科学の研究を進めることの意義について、指導者の先生から英語での講義をいただきました。何もかもがオールイングリッシュの「英語漬け」の発表会でしたが、生徒たちにとっては英語を駆使する良いトレーニングになったことと思います。
 今後、大学入試では英語4技能の運用力が問われるようになりますが、本校のこのような取組は、大学入試への対応のみならず国際人として活躍する真のリーダーとしての資質向上や英語力向上に必ずや大きく寄与するものと考えます。生徒たちには、ネイティブ並みの英語運用力獲得を目指してこれからも精進してほしいと願っています。

   

PTA進路講演会

PTA進路講演会(PTA進路委員会主催・保護者対象)が、14:00~15:40本校記念館において行われました。「入試に向けての心構えと変わりゆく入試」と題し河合塾 野村 寛 様を講師に迎えた今年の講演会は、約230名の出席で大変熱気を帯びたものとなりました。保護者の気持ちを踏まえ、ご子息の「初志貫徹」を我慢強く見守ってほしいとの言葉が印象的で、各年次の保護者から様々な質問も飛び出し、それぞれに丁寧に答えてくださいました。教員としても大変参考となるお話をいただきありがとうございました。

2年生柔道大会を実施しました

 6月15日(金)、恒例の2年生柔道大会を実施しました。熊高では、毎年この時期に約1ヶ月間、2年生の体育の授業で柔道を行い、基本的な受け身、投げ技、寝技などを習得してこの大会に臨みます。試合は各クラスからの20人による対抗勝ち抜き戦で行われ、どの試合もレベルが高く気合いが入った白熱戦となりました。決勝は2組と3組…優勝を勝ち取ったのは2組でした。決勝の大将戦では、周りの生徒は皆正座をして応援します。本気の戦いの中にも礼儀あり。2分間の試合を最後まであきらめずに全力で戦った熊高生たちは、きっと大切なことを学んだことと思います。

前期生徒会役員選挙

 6月11日(月)、7限目に生徒会役員選挙にともなう立会演説会並びに投票がありました。会長候補、副会長候補ともそれぞれ複数の立候補者があり、自ら掲げた公約をもとに選挙演説をし、その後、質問者が前に出て公開の質疑応答を行いました。質問者と立候補者の双方が、「今後の熊高をどんな学校にしていきたいか」という観点でお互いに熱い思いを述べ合い、白熱した質疑応答になったのが印象的でした。投票の結果、2年生の 齋藤 譲 君が生徒会長に、同じく2年生の 平野 岳大 君が生徒会副会長に選任されました。熊高生徒会執行部、そして生徒全体のリーダーとして大いに活躍してほしいと思います。

 

熊高ゼミが本格的にスタート!

 本校では、1年生は総学の時間を、2年生は「SS課題研究」の時間を活用して、「熊高ゼミ」を実施しています。熊高ゼミでは、1・2年生の生徒全員が、年次や教科の枠を超えた様々なゼミに所属し、ある1つのテーマについて1年間かけて調査・リサーチ・実験などを通して研究を深めます。生徒たちは、自分たちで探究活動に取り組むため、主体的に学習課題に取り組む力や論理的思考力を高めることができます。また、年度末には全員の生徒が研究成果を発表するので、個々のプレゼンテーション能力の向上も期待できます。
 年度当初にオリエンテーションを開催し所属ゼミの希望調査を行い、先月は顔合わせや指導教員によるレクチャーを実施し、いよいよ本日、本格的なゼミ活動が始動しました。熊高ゼミを通して、生徒たちには、学びを深めることの面白さをいっぱい感じ取ってほしいと思います。

<本年度開講される「熊高ゼミ」一覧(全32講座)>

「アンドロメダ大学入試問題研究」 「類義語研究」 「日韓文化比較探究」 「日本の神様研究」 「『自己』探求講座」 「芸術作品から読み取る歴史」 「本を紹介する」 「伝わる声・伝える声」 「地域調査研究」 「いろいろな数学」 「記進法研究」 「3次方程式の解の公式」 「数学を楽しむ “プログラミングの基礎(ACTIVE BASICを体験する)vol.2”」 「算数・数学入試問題研究」 「数学の探求」 「物理学の探究」 「Science presentation入門」 「化学課題研究」 「生物課題研究」 「続・岩石学基礎研究」 「刀と日本剣道形」 「ラグビーのstrength & conditioning」 「4泳法を泳ごう」 「スポーツサイエンス2018」 「フットサル探求」 「世界の合唱音楽を味わおう Season2」 「書道探究」 「Sign Language-interaction through hands-」 「King of Words-熊高生にとって最適な単語勉強法とは-」 「Research in Cultures」 「英語の発音クリニック」 「洋楽」