旬熊

2018年7月の記事一覧

「北部地区県立高校進学フェア2018」が開催されました

  7月28日(土)、29日(日)の2日間にわたって、「北部地区県立高校進学フェア2018」が八木橋百貨店8階カトレアホールにて開催されました。この進学フェアは、前週にさいたま新都心のスーパーアリーナで行われた彩の国進学フェアの北部版といえるもので、埼玉県北に立地する県立高校23校がブースを出展し、熊谷市内をはじめとして県北地域にお住まいの多くの中学生やその保護者の皆さまにお越しいただきました。本校ブースにも、昨年度同様多くの方々に足をお運びいただき心より感謝申し上げます。本当にありがとうございました。
  

夏季補習が始まりました

 本校ではすでに夏休みに入って1週間余り経っています。今年の夏はグランド工事のため生徒は体育館や記念館周辺を中心に部活動に取り組んでいます。
 一方で、各教科でこの休み中に夏期講習を実施しており、それに参加している生徒もいます。生徒たちもですが、先生方も部活動の指導のあとに講義を開いてくれるなど工夫をしてくれています。



彩の国進学フェア

 7月21日(土)~22日(日)、さいたまスーパーアリーナで、県内公立高校及び県内外私立高校等約300校が参加して自校の紹介や入試相談などを行う一大イベント「彩の国進学フェア」が開催されました。熊谷高校もブースを出展し、中学生及びその保護者の皆さんを対象に学校紹介・進学相談等を行いました。2日間とも猛暑日でしたが、256組もの多くの皆さまに本校ブースにお越しいただき本当にありがとうございました。

 

1年生臨海学校

 「赤甍」にも書きましたが、先週の7月10日(火)~13日(金)まで、1年生にとって最も大きなイベントである臨海学校を実施しました。今年は4日間ほとんど天気が崩れず絶好のコンディションの中、322人の生徒全員が参加し、怪我や事故なく順調&計画どおりに日程を終了することができました。
 武内校長が現地での様子をカメラに収めてきましたので、以下にご紹介いたします。

   

   

   

第1回SSH運営指導委員会

 本日、本校では第1学期終業式でしたが、放課後の時間に本年度第1回SSH(スーパーサイエンスハイスクール)運営指導委員会をくぬぎ会館3階大会議室で行いました。本校は、平成28年度から33年度までの5年間にわたり第2期SSH指定校として文部科学省から委嘱を受けています。規定により指定校は、運営指導委員会を設置し学識経験豊かな方々委員としてSSH事業に関する指導・助言を受けることとなっております。本日の運営指導委員会においても、委員の先生方から貴重なアドバイスや励ましの言葉、さらには今後の課題等について専門的見地からお話をいただくことができました。

 
 

離任式及び第一学期終業式

  本日、本校では、授業を行ったあと離任式・第1学期終業式を行いました。
 離任式では2年間お世話になったALTのマシューさんから、英語と日本語でスピーチをしていただきました。生徒会からは記念品が贈呈されました。ニュージーランドに帰国後マシューさんのますますの活躍を祈念します。

  
 終業式の中で、武内校長は、「夏季休業中も目標を立てて最後まで粘り強く乗り越えてほしい。」と生徒たちにうったえました。また、本校にゆかりのある夏目漱石『坊ちゃん』、田山花袋『田舎教師』を記念した石碑が今夏校地に設置されることを紹介くださいました。式の終わりには、恒例ですが、生徒全員で肩を組んで校歌を斉唱しました。
 閉式後、生徒指導部より、夏季休業中諸々の事故に遭わないよう、特に自転車乗車マナーの改善を引き合いに、さらなる自覚を求めるお話がありました。 また、自転車に関して、渉外部からも、先週の自転車点検実施に関し、自転車の自己管理をしっかりとするようお話がありました。
 生徒からは、第69回熊高祭(9月8日(土)・9日(日)実施)のポスターが披露されました。
 生徒諸君には、たくましく成長した姿で第2学期を迎えられるよう、明日から始まる夏季休業を有意義に過ごしてほしいと思います。
   

グランド工事が始まりました

今日もどんどん気温が上がっています。
1年次生は臨海学校2日目。
無事日程を進めています。

今週月曜日より、部室合宿棟耐震補強工事及びグランド改修工事が
始まりました。
学校周辺にお住まいの皆様にはご迷惑をおかけしますが、
文化祭の終了前後となる9月上~中旬には完了する予定です。
それまでご容赦いただければと存じます。

PTAによる自転車安全点検

 7月9日(月)、PTA熊谷支部の皆様と「埼玉県自転車軽自動車商協同組合」熊谷支部に所属する自転車販売業者の皆様のご協力のもと、生徒が通学で使用している自転車の一斉安全点検を実施しました。本校では、生徒の約9割ほどが自転車を使用して登校しており、定期的な安全点検を実施することは事故防止の観点からも非常に重要です。
 本日は朝から気温がぐんぐん上がり炎天下の中での作業となりましたが、PTA保護者の皆様や販売業者の方々のお力添えによって、すべての自転車の点検を終えることができました。本当にありがとうございました。整備状況に問題がない場合は「OK」マークのシールを自転車に貼り、整備不良箇所があった場合は不良箇所を記したタグを自転車に付けましたので、もし整備不良のタグが自転車についていた場合は、すみやかに修理に出してください。
 この取組は、数年前にPTA会長だった方が当時の校長に実施を提案し今年で6回目になるとのことです(本日発行の「熊高PTA新聞 第104号」P.3に本事業の導入の経緯が詳しく掲載されていますのでご一読を)。熊高の生徒たちには、勉強も、スポーツも、部活も学校行事も…そして自転車の整備状況も、常に模範的であってほしいと思います。
 なお、本日の安全点検の取組に関する記事が、後日、埼玉新聞に掲載される予定ですので、そちらにもぜひご注目ください!

 
   

SBHS派遣生徒による熊谷市長表敬訪問

 本校は、ニュージーランドにあるSouthland Boys High School(SBHS)と交流事業を行っており、隔年で、それぞれの学校が相互に生徒を派遣しています。本年度は本校がSBHSに生徒を派遣する年となっており、7月21日(土)~8月3日(金)の2週間にわたり、校内選考で派遣が決まった生徒20名が現地での交流活動や研修に取り組むこととなっています。生徒たちは昨日(7月5日(木))、武内校長、引率教員団とともに熊谷市の富岡市長を表敬訪問いたしました。
 海外に行くのが初めての者もおり当初は緊張した面持ちだった生徒たちも、富岡市長から励ましの言葉をいただき、海外派遣に向けてのモチベーションも高まったように思われます。普通の海外旅行ではなかなか体験することのできない様々な貴重な経験を通して、生徒たちには人間的に大きく成長してほしいと切に願います。

   

壮行会実施

 本日放課後、8月2日から三重県で行われるインターハイへの出場を決めた陸上競技部、7月21日から神奈川県で行われる関東大会(勝ち上がればインターハイ)へ出場する水泳部の壮行会が行われました。県大会男子50m自由形新記録で優勝した熊沢君からは、8月にフィジーで行われるジュニアパンパシフィック出場も報告されました。暑い中ではありますが、同じ学校の仲間が全国大会や関東大会に出場するということで、全校生徒が体育館に集合し実施しました。ぜひ、選手の皆さんには大会においてベストを尽くしてきてほしいと思います。


陸上競技部                  水泳部                     校長より紹介                 応援団によるエール