旬熊

2019年2月の記事一覧

小中学生対象科学体験教室

 2月16日(土)午後、スーパーサイエンスハイスクール(SSH)指定事業の一環として、本校を会場に小中学生対象の科学体験教室を実施しました。「紙ヒコーキ大会(物理)」、「ルミノール反応(化学)」、「液体窒素(化学)」、「スライム作り(化学)」、「銀鏡反応(化学)」、「ミジンコペーパークラフト作り(生物)」、「岩塩割り(地学)」の計7つのブースをご用意し、本校生徒が案内&演示&説明を担当しました。
 実施後のアンケートでは、「楽しかった」、「やっていることをもっと知りたくなった」、「またこのようなことに参加したい」等、児童生徒のみなさんから好意的な感想をいただきました。一方、本校生徒の方ですが、「上手に教えることができた」と思った者がそれほど多くなく、教えることの難しさを彼らなりに感じたようでとてもよい勉強になったことと思います。
 至らないところも多々あったかもしれませんが、多くの児童生徒及び保護者の方々にご参加いただき、本当にありがとうございました!

   

第2回学校評議員会・学校評価懇話会

 2月14日(木)、全日制・定時制合同による第2回学校評議員会・学校評価懇話会を行いました。会に先立ち全日制の授業をご覧いただいたあと、まず、学校評議員会を開催し本校の取組等についてご意見・ご要望等をいただきました。引き続き行われた学校評価懇話会では、評議員の方々にプラスして全定代表生徒も会に参加し、学校自己評価システムシートに記載された達成状況や評価結果等に基づいて様々な意見交換が行われました。特に、生徒諸君からは、今後の学校生活をより良いものにするためにという観点での多くの発言がありました。
 本日の会で出された意見を踏まえて、次年度の教育活動の改善に向けて、学校としても精一杯取り組んでまいりますので、引き続きご支援くださいますようお願いいたします。

 

1年生ラグビー大会

 熊谷高校は体育やスポーツに関する学校行事がとても多いですが、とりわけ、本校校訓の一つでもある「質実剛健」を具現化しているイベントが、1年生で実施されるラグビー大会でしょう。2月1日(金)から全クラスによるトーナメント戦を行い、本日2月6日(水)、勝ち残ってきた3組と6組による決勝戦が行われました。本校に入学して体育の授業で初めてラグビーを体験する生徒も多いのですが、体育科教員の指導により技術や戦術を会得し見応えのある決勝戦となりました。今日はあいにく小雨の降る中での試合となりましたが、激闘の結果…14-7で3組が優勝しました!

       

熊高ゼミ発表会・SSH成果発表会を実施しました。

本日は土曜日授業において、2つの発表会を行いました。
1つ目は熊高ゼミ課題研究発表会です。1・2年次生が総合的な学習の時間とSS課題研究の主体的な学習(33講座)を年間通して行った成果を、パワーポイント資料、口頭、ポスター等を活用し4ラウンド、64会場で発表しました。中には実演を交えたユニークな発表もありました。
2つ目は体育館において12:00~12:50に行ったSSH研究成果発表会です。生徒の進行のもと、島津教授(立正大学地球環境科学部)、野澤助教(首都大学東京)、埼玉県教育委員会の方々をお迎えして①科学部系部活動(物理部-3年次上野君)、②熊高ゼミ(英語による「血液凝固に関する研究」-1年次大野君)、③プロジェクト(神津島研究「神集島」-2年次清水君)の発表を行い、質疑応答が生徒・来賓それぞれから活発に行われました。「文理が融合した」、「ユニークな疑問を元にした題材の」研究であり、このような貴重な取組を「文型・理系問わず進路先でぜひ生かしてほしい」との講評をいただきました。
足をお運びくださった中学生とその保護者の皆さま、また熊高生保護者の皆さま、その他大勢の皆さまありがとうございました。以下、写真を掲載します。