あかいらか

2015年6月の記事一覧

NEW PTA進路講演会報告PARTⅠ

 本日から5回に分けて6月27日(土)に行われたPTA進路講演会の「親子で乗り切る大学入試」について報告します。
 PARTⅠ「大学全入時代」の到来
 大学受験人口のピークは、1992年度(現在41歳が高校3年生の時)で、受験人口は121万5千人、その時の入学定員は、67万6千人で倍率は、1.80倍だったものが、2014年度(現大学2年生)では、受験人口71万6千人、入学定員65万9千人、倍率は1.08倍とほぼ希望者は全入に近くなっている(駿台予備学校調べ)とのことです。
 大学全入時代を迎え、「入れる大学に入る」のではなく「入りたい大学」に入れる力をつけることが大事である、ということが言えます。
 文部科学省統計データによれば、2014年度の大学・短大志願者数は、71.6万人で大学・短大入学者数は、65.9万人。この差を取ると5.7万人がいわゆる浪人生となると思います。ところが、この春2015年度の純粋な既卒生志願者数(大学入試センター試験志願者数(大学入試センター発表資料))は、9.9万人となっているので、本来の浪人生より約4.1万人多くなっていることがわかります。(数値には誤差があります)
 つまり、現役で大学に入学はしたのだけれど、やはり再受験をして「入りたい大学」に再度挑戦していることになるのではないかということです。これは、直面する「困難」から「楽な方向」に逃げて、結局は「大きな回り道」をしていることになる訳で、是非、受験生には、「入りたい大学」に入れるよう努力してほしいと思います。(続く)
0

NEW 明日はPTA主催の進路講演会です

 現在、国では安倍内閣のもとで教育改革案が急ピッチでまとめられようとしています。特に、高大接続システムの改革では、高等学校の改革、大学の改革、そして高大接続の最大の課題である大学入試の改革です。
 早ければ、現在の中学1年生が高校3年生になる平成32年度からセンター試験に代わる新テストが導入される計画となっています。(誤っていたら訂正します。)本校としてもうかうかしていられません。そのため本校としても、昨日述べた単位制の導入が重要となって来ます。
 このこととは別に、ここ数年実施している進路講演会ですが、直近の大学入試をどう乗り切るかなどを駿台予備校の先生から保護者にお話しいただく予定です。今回は、さらに進路指導部主事から本校の進路指導の概要についてもお話しさせていただきます。
 午前中は公開授業ですので、講演会は午後となります。すでに出欠を取っていますが、昨年以上の保護者の出席が見込まれています。講演会の内容は、後日お知らせいたします。
0

NEW 本校が単位制導入へ

 本日の埼玉新聞朝刊に、「熊谷高単位制に 多様な進路実現」(県教委、16年度から導入)という記事が掲載されました。いうまでもなく、昨日の教育委員会で本校の来年度入学生からの単位制導入について協議が行われ、その方向で承認されたものです。現段階では、あくまで予定で、10月に行われる通則の改正をもって正式に決定されることになると県教委の担当者から指示がありました。
 単位制を導入することで、少人数による授業がこれまで以上に可能となり、生徒の学力の向上がより図れると考えています。現在でも英語や数学は少人数指導を行い、他の教科でも文系・理系の選択により少人数の授業も行っています。ただ、教員数や教室には限りがあることから、単位制を導入することで、この少人数による授業をさらに増やしていこうとするものです。
  読者の皆さんで、ご自分のお子様を「本校へ」と考えている方は、今後行う予定の学校説明会へは是非お越しいただきたいと思います。
0

2年生柔道大会

 本日午後に2年生の柔道大会がありました。9クラスのトーナメント制で、1チームが柔道部を除く20名、その内訳は軽量級5名、中量級11名、重量級4名となっています。試合時間は2分間で、審判には柔道部員、最後の組み合わせは大将戦という本格的な試合形式です。
 決勝は4組と7組。試合前に整列させ、柔道部顧問の真板教諭から一言。「勝ってもガッツポーズはするな。相手がいて初めて試合ができる。負けた相手も悔しい。相手を慮り、礼に始まり礼に終われ。それが真の柔道だ。」「最後の大将戦では周りは正座で応援しろ。」
 試合が始まると、大外刈り、小内刈りからの連続技、払い腰、背負い投げ、寝技による押えこみ等々、キレのある技が繰り出され、どれも迫力のある試合。大将戦で柔道場は最高潮。最後は11対9で7組が優勝しました。表彰式では思い切りガッツポーズでした。
 心・技・体の真髄を体育の授業で教えていることに感銘。この勢いで期末考査もガッツポーズといきましょう!
0

NEW 東大見学会・合同勉強合宿

 本校では、北部5校(熊谷、熊谷女子、熊谷西、本庄、秩父)共同で、東京大学研究室訪問、東大生との座談会、ホテルでの勉強合宿を毎年開催しています。今回は、7月30日(木)から8月1日(土)の2泊3日です。すでに生徒(1・2年生)には通知していますが、これをお読みの保護者の皆様はご存知でしょうか。
 夏季休業中であり部活動に真剣に取り組む生徒からすれば、日程上難しいかもしれませんが、なかなかない行事でもあり、参加を考えてみてほしいと生徒には伝えています。保護者の皆様もこういう通知を題材にしてお子様と将来の夢を語り合っていただく良い機会ではないかと思います。
0