あかいらか

2015年12月の記事一覧

NEW 今年を振り返って

 平成27年は、何と言っても熊高創立120年の年に当たり、記念式典や金子兜太先生の基調講演、句碑の建立、熊高の森の記念植樹、生徒たちによるアトラクションでしょう。同窓生の方からも立派な式典ができたとお褒めの言葉をいただきました。ありがとうございました。
 さて、今年は、「学業、部活動、学校行事」に全力投球として、熊高の三本の矢と名付けました。まず、学業ですが、1月16日、17日にはセンター試験が行われ、2月の国公立2次試験や私立大学の試験へとつながっていきます。生徒が結果を出せるよう全力でサポートします。
 部活動では、剣道部、軟式野球部、ソフトテニス部、水泳部、音楽部が関東大会へ出場しました。軟式野球部は、春秋と2回関東大会出場です。そしてもう一つ、硬式野球部が夏の大会で33年ぶりに県大会ベスト8に入りました。私立全盛の時代での快挙に同窓生も心熱くしました。応援をありがとうございました。
 学校行事では、40キロハイク、臨海学校、文化祭、体育祭、クロスカントリーとすべて順調に実施できました。また各種体育大会が、各学年ごとに実施され、これもそれぞれの学年で覇を競い合いました。
 このように熊高の三本の矢に生徒は全力投球しています。今後が本当に楽しみであります。今後も本校へのご支援をよろしくお願いいたします。
 明日から年末年始の休業になりますので、このページも1月4日以降に更新されます。すみません。それでは、皆様、よいお年をお迎えください。
0

NEW クリスマスコンサート

 先日、「埼北よみうり」さんに報道していただきました、吹奏楽部によるクリスマスコンサートが、八木橋カトレアホールにて予定通り行われました。報道の成果なのかもしれませんが、200席がほぼ満席で、自分は遅れて行ったために立ち見になってしまいました。それくらい盛況であった、ということです。
 プログラムでは、3部構成になっていて、1部が、~コンサートステージ~と称して、マーチ「プロヴァンスの風」、NOVENA Rhapsody for Band、マードックからの手紙の3曲、2部が、~学年バンド~と称して、1年バンドが、青いベンチ、2年バンドが、名探偵コナンメインテーマの2曲、3部が、~ポップス~と称して、SEKAI NO OWARIコレクション、風のとおり道、クリスマス・イブの3曲となっていました。
 仕事の都合で、最初も最後も見られませんでしたが、満員の会場で生徒は、自信を持って演奏していました。大変立派なコンサートになったと思います。
0

NEW 生徒と教員の交流試合

 本日は、終業式でした。2時間授業の後、終業式を行い、その後に先日のサッカー大会で優勝した3年5組と教員チームで交流試合を行いました。旬熊にも写真付きで掲載されていますのでご確認ください。
 教員チームは、20代の若手から59歳の校長まで多彩な顔ぶれで、3試合を行いました。1試合12分でしたが、普段から元気に飛び回っている生徒とにわかチームの教員では動きが違います。
 と言っても、若手の教員は生徒以上に動きがよく、また、サッカーの元インターハイチャンピョンチームの選手であった顧問の先生は、私とさほど違わない年齢なのに、生徒以上の動きができる素晴らしい先生で、やはり過去の実績は伊達ではないことがよくわかります。
 結果は、3試合で1対1の同点で、5人のPKの末3対2で教員チームが勝利しました。生徒も私をはじめ教員チームに花を持たせてくれたようです。こういう試合もできる学校です。生徒も職員も素晴らしい人ばかりです。
0

NEW 2年生への入試説明会

 本日は、2年生に対して駿台予備学校大宮校の担当の方から、大学入試に向けた講演会を行いました。ちょうど、6か月前に、3年生の保護者に向けた講演会がありましたが、ベースとなるものは同じでした。
 その一つは、4万人に達する再受験者。つまり、現役時に第一志望の大学に受からず、安易に合格したところに進学はしてみたものの、やはり第一希望の大学が忘れられず、結果として、再受験になってしまった人が4万人もいる、ということ。
 『直面する「困難」から「楽な方向」に逃げて、結局は「大きな回り道」をしていることのムダ!』と評されています。安易に志望校を変えるのではなく、高い志を持って第一希望を目指そうということではないでしょうか。
 二つ目は、なぜ難関大学なのか、ということ。これは、予算、設備、教育、仲間、OB、OGなどの点で、難関大学とそうでない大学との差を考え、難関大学への進学を進めています。これは、本校でも同じです。
 最後に、伸びる生徒について、・基礎の大切さを知っている ・授業を大切にする ・割り切り、切り替えが早い ・仲間、ライバルがいる(競い、高めあう仲間) ・生活習慣が確立している と言われました。2年生もあと1年後には、受験の真っただ中にいます。今から生活習慣を確立し、第一希望の大学に合格できるよう、自分の力を伸ばしてほしいですね。
0

NEW 日曜日(20日)の出来事

 昨日、20日の日曜日は、本校に重要なことが3つありました。一つ目は、地学オリンピックです。これは、1年生全員と2年生の希望者が、地学に関する問題に挑戦するもので、毎年行っているものです。自分は残念ながら参加できませんでした。
 二つ目は、2回ほど掲載しましたが、モース博士の90周年忌銅像の建立についてです。本校の生物部の生徒も参加し除幕式を行いました。残念ながらこれにも参加できませんでした。
 三つ目は、SSH冬の情報交換会です。会場は、市ヶ谷にある法政大学でした。SSH校に認定されている高校203校の校長や担当の教員、教育委員会の担当者などが一堂に会し、午前中は全体会、午後は分科会が行われました。
 本校は、今年が5年目で来年度以降の認定に向けて現在活動中です。平成14年に始まったSSHも、当初は26校だったのが、現在は203校と増加していること。終了した学校を含めると全国で236校がSSHを経験していること。今後のSSHの進め方などについて、文部科学省や科学技術振興機構の担当者から実のある話が聞けました。
 なんとか、来年度の認定に向けて頑張って行こうと思います。
0