あかいらか

2016年12月の記事一覧

NEW 追加の話題

 旬熊ではすでにお知らせしていますが、「埼北よみうり」第925号(12月23日発行)に熊谷高、熊谷女子高、熊谷西高の三校合同の科学体験教室の話題が掲載されています。(本日わかりました。)
 内容ですが、『高校生が「先生」』科学体験教室。『熊谷市内の3つの県立高校(熊谷、熊谷女子、熊谷西)が主催する「科学体験教室」が17日、小・中学生とその保護者を対象に熊谷女子高で行われた。・・・略・・・。
 燃やす物質によって様々な色の炎が出る実験「淡色反応」では、リチウム、銅、カリウム、カルシウムに火をつけると、それぞれ赤、緑、ピンク、オレンジに。参加者から「すごい!」や「おもしろい」などの声があがり、先生を務めた高校生は「花火はこの仕組みを利用して作っています」などと説明した。
 担当した熊谷高2年の田島岳也さんは「教えるのは難しいけれど楽しい。参加者の驚いた様子を見ると気分が良いです」と話していた。』
 とあります。自分もその場で実験を見ていましたが、なんと掲載されている写真に自分の後ろ姿が写っているではありませんか。偶然とはいえびっくりです。子供たちが真剣に実験の様子を見ている姿が印象的です。掲載していただきありがとうございます。
0

NEW 1年を振り返って

 本日は、仕事納めです。本当に1年は早いものです。この「赤甍」もカウンターがもうすぐ13万カウントになります。この4月からでも約7万カウントになります。お読みいただき本当にありがとうございます。
 この春(平成28年3月)の大学入試では、国公立医学部医学科に7名合格、国公立大学112名合格(8年連続100名以上)など、結果が出せたと思っています。
 春から夏にかけては、ソフトテニス部、陸上部のインターハイ出場、軟式野球部、水泳部の関東大会出場など、部活動でも結果が出せました。なお、陸上部の今井君は、秋の関東大会110mハードルで優勝し、来年への期待が大きく膨らんでいます。
 SSH(スーパーサイエンスハイスクール)については、今年度から2期目を期待して申請を致しましたが、残念ながら1年間のみの指定になってしまいました。そのため、来年度から5年間の指定を目指して国に再度申請を致しました。
 本年度で指定が終了する学校も多く、来年度からの指定を目指して全国でたくさんの高校が申請をしていると聞いています。結果は3月末になりますが、期待をして待っているところです。
 新年になれば、センター試験を皮切りに大学入試が本格化します。本日も登校して勉強している3年生がいます。前回以上の結果が出ることを期待しています。また、高校入試も始まります。多くの中学生が本校を第1志望として受検していただけることを期待しています。
 いずれにいたしましても、本校は県内有数の進学校として来年も頑張ってまいります。どうぞよろしくお願いいたします。読者の皆様、新年は1月4日から書き始めたいと思います。よお年をお迎えください。 
0

年末の1日

 現在冬季休業に入っており、年の瀬も迫ってきました。
 本日は午前中一時雨も降っていたということもあるかもしれませんが、グランドで活動している部活動があまりなく、体育館や柔道場等で活動している部がありましたが、課業日に比べると学校にいる生徒は少ない印象を持ちました。しかし、応援団の生徒は来年の2月に控えている「日輪のもとに」に向けて、最初屋上で練習していましたが、雨が降ってきた後は屋根のあるところに移って引き続き練習に取り組んでいました。また、他の部活動の予定を見ると学校外で練習試合や練習を行っていた部もあるようでした。
 一方、受験を控えた3年生はというと、先週末にセンター試験本番を見据えて2日間実際のタイムスケジュールどおりに練習会を実施していました。本日も朝8時30分から夕方16時30分まで各教室で勉強に励む生徒が見受けられました。普段通りに生活のリズムを崩すことなく、自分なりの勉強方法で取り組んでいる様子は、本校の3年間でしっかりと勉強スタイルを確立した成果だと感じました。ぜひ健康管理もしっかりとしてもらい、勝負の新年に臨んで欲しいと思います。
0

NEW バリトン・リサイタル

 先日、原田勇雅氏のバリトン・リサイタルについてお知らせいたししましたが、昨日、「さくらめいと」にてリサイタルが行われました。
 1年間のイタリア留学から帰国されて初めてのリサイタルのようでした。奥様のピアノと息の合った歌声で聴衆を魅了していました。奥様と二人だけのリサイタルで、昨年までとは一味違うリサイタルだと、隣の方がお話ししていました。
 プログラムは、「バッラータ」から始まり、「霧」「薔薇」「私に静けさを」「マレキアーレ」と続き、歌劇«マノン・レスコー»より「間奏曲」を奥様のピアノのみで聞かせ、前半の最後は、「歌劇«アレコ»より「月は輝き」で締めくくりました。
 休憩の後は、歌劇«アルジェのイタリア女»より「イタリアの女たちときたら」から始まり、最後は、歌劇«ドン・カルロ»より「われらの胸に友情を」より、奥様のピアノのソロで途中から原田氏の歌、最後に「ロドリーゴの死」で幕を閉じました。
 当然のことですが、アンコールがあり、本日はクリスマスなのに、よくおいでいただいたという注釈つきで、「ブオン・ナターレ」(メリー・クリスマス)、「ホワイトクリスマス」(英語)、最後の最後に「オーソレ・ミオ」でした。「オーソレ・ミオ」は、会場の聴衆も一緒に歌おうということで、全員で合唱しました。
 約2時間(途中休憩含む)の演奏でした。原田氏の地元熊谷でのリサイタルということもありますが、会場は、約1,000人の聴衆でほぼ満員でした。今後の活躍を期待する一人として、本当に素晴らしいリサイタルになりました。「原田さんブラボー」です。
 
0

NEW 朝日中高生新聞

 朝日中高生新聞の12月18日(日)版に本校の話題が掲載されていますので紹介します。(14ページです。)お読みいただいている方もいらっしゃると思います。
 本校は、現在SSH(スーパーサイエンスハイスクール)校に指定されています。1年生は全員、熊ゼミと呼ぶ総合的な学習の時間の中で課題研究を行い、2年生以降は理系選択者や理科の各部活動などを中心に科学的な実験・実習などに取り組んでいます。
 今回新聞に掲載されたのは、物理部です。その記事を引用します。
『埼玉県立熊谷高校の物理部は、発泡スチロールや筒などを利用して音の波を見る装置を作り、検証実験を続けています。顧問の田嶋昌美先生は、「高校の部活動でそれほど新発見があるわけではありません。基礎的な実験から何か生まれれば」と期待します。』
 というものです。実験装置も生徒とともに掲載されています。ノーベル賞級の新発見が簡単にできるとは思えませんし、簡単ではありません。しかし、高校生のうちから地道な研究に携わることで、将来、大発見につながる基礎が培われることもあると思います。
 今回、113番元素「ニホニウム」を発見した理研のグループのメンバーの中には、本校のOBの方も含まれています。本当に素晴らしいことです。本校の生徒もあとに続けるよう期待しています。
0

サッカー大会の締めくくり

 学期末に3年生最後のスポーツ大会としてサッカー大会が行われていたことをこの欄でも掲載してきました。昨日クラス対抗で見事優勝を飾った3年2組と教職員チームとの親善試合が本日放課後行われました。
 15分×3本形式の試合で実施しました。生徒は各回ですべてメンバーを入れ替えて臨みましたが、教員チームは一部入れ替えはあるものの、3本とも出場する先生もいました。サッカー部の顧問の先生方を中心に教職員チームも素晴らしいプレーを展開してくれました。当該クラス以外の生徒も観戦するなどサッカー大会を締めくくるにふさわしい試合となりました。結果は、教職員 3(1-0、0-2、2-0)2 3年2組 で、教職員チームの勝利でした。
 教師と生徒という立場を抜きにして、このひとときは一緒に一つのボールを追いかけて勝利を目指す良い時間であったと思います。天気も良く、教職員も生徒もケガもなく終了できたこともうれしかったです。
 3年生には、これを節目として来る受験に向けて学業面で頑張ってほしいと思います。
0

NEW 欲(意欲)

 3年生サッカー大会は、PK戦の末2組が優勝となりました。旬熊に掲載しています。本校のスポーツ大会は、すべて体育の授業時間の中で行います。そのため、授業変更が当たり前となります。
 本日は、2時間目の授業の中で決勝を行いました。2組の生徒は、試合前に、「ここまで勝てたのは信じられない」「伸び伸びやろうぜ」などと話していて、「円陣は組まないけれど頑張ろう」と言って試合に臨んでいました。
 サッカーは、11人の競技ですから、1クラス3チーム構成で戦います。2チーム同時に2コートで20分間目一杯動きます。この段階で、2組対7組の得点は、2対1でした。残りの1チームが、20分を戦う中で、残り5分のところで7組が1点を入れ、トータルとして同点になりました。
 そのままタイムアップとなり、休み時間を使ってのPK戦となりました。PK戦の前に、なんと2組は全員で円陣を組みました。勝とうという「欲」が出たのでしょう。これは「意欲」にもつながるのかなと思います。そんなことで、PK戦は、2組が3対1で勝利となりました。
 熊高3年間の最後のスポーツ大会がサッカーです。生徒は、大きな声を出しながら楽しんでいました。年が明けると受験の渦に突入です。頑張れ受験生!
0

NEW 模試と練習試合

 旬熊でお知らせしていますが、本日は1年生の模試分析会を学年集会として実施しました。まず、年次主任の松村先生があいさつの中で、模擬試験は部活動で言えば練習試合と同じであるという話をしました。
 練習試合だから負けてもいいや、という気持ちで臨めば本番でも勝てない。目標をもってやらなければ練習試合とて勝てない。模擬試験もこれと同じである。模擬試験だからできなくてもいいや、という気持ちでは、本番の試験でもできるわけがない。
 それぞれの模試で課題を持って取り組まなければやるだけ無駄であるという話をされました。確かにその通りです。身に染みた生徒もいたのではないかと思います。また、進路指導担当からは、今年の11月までの自分がどうであったかを自覚し、来年の自分はどのようにありたいか、を語れるようになること、と話しました。
 本校に入学して早9か月です。月日の経つのは早いものです。新年に向けてもう一度気を引き締め直して頑張って欲しいと思います。
0

NEW バリトン・リサイタル

 来る12月25日(日)、熊谷文化創造館さくらめいとにて、本校OBの原田勇雅氏(高52回卒)が、バリトン・リサイタル~L'Azzurro イタリアの空に~を開催します。開場は14時、開演は14時30分です。すでに9月22日よりチケットは前売りされていますので、売り切れているかもしれません。その際は、ご容赦ください。
 原田氏は、昨年から今年にかけて文化庁在外研修生として1年間イタリアに留学され、このたび帰国されました。先日の同窓会深谷支部でもゲストとして招かれ、素晴らしい歌声を披露されました。
 自分には、音楽の素養がないために、皆様に原田氏の素晴らしさをお伝えすることはできませんが、とにかく声量豊かでオペラを歌い上げます。昨年の本校創立120周年記念式典でも、アトラクションの中でオペラを披露していただきました。
 お時間に都合のつく方は、ぜひお聞きいただきたいと思います。チケットについては、さくらめいとチケットセンターと八木橋プレイガイド(048-523-1111)で扱っています。再度申し上げますが、売り切れの際は、ご容赦下さい。
 
0

本日の熊高

 本日は朝から良い天気でした。昨日開始予定だった3年生のサッカー大会もやっと試合を行うことができました。本日は2試合が組まれていて、2試合とも熱戦で正規の試合時間では決着がつかず、PK戦で勝敗が決まるという状況でした。明日以降も熱戦が繰り広げられるのではと期待しています。
 また、トップページでもお知らせをしていますが、今週末の17日(土)には県立熊谷女子高校において、スーパーサイエンスハイスクールに指定されている熊谷市内3校の生徒たちが小中学生対象に科学体験教室を実施することになっています。放課後にはそこに参加する生徒たちが準備等をしている様子も見られました。土曜日でもありますのでご都合がつきましたらぜひ多くの方に参加していただければと思います。
0

始動

 昨日の「あかいらか」にリレーする形で掲載しようと考えていましたが、本日から開催する予定でした3年生のサッカー大会は、昨夜からの雨のためグランドのコンディションが悪く、残念ながら順延となりました。
 体育の教員が授業をつぶさないように、事前に他教科の先生方に授業変更をお願いして、3試合を組んでいましたが、朝の段階で元に戻しました。明日以降の試合に向け調整し直さなければなりません。一方で、エネルギーの行き場を失った3年生たちは体育の授業で、ラバーコートをミニサッカー場にして元気よくゲームをしていました。
 放課後は、いつもの熊高の「音」が戻ってきました。屋上からは応援団の声が聞こえます。今年も「日輪のもとに」での演舞に向けて練習再開です。1階教室からは吹奏楽部の個人練習の音色が聞こえます。サッカー部やソフトテニス部は外部の場所を借りて練習です。体育館ではバスケットボールの弾む音、バレーボールのスパイクの音…。顧問の先生方は部活動の指導が終わってから、期末考査の採点と成績処理です。熊高の日常が戻ってきました。
0

NEW 期末考査終了

 本日で4日間にわたった2学期の期末考査も終了しました。この期間中、インフルエンザやウィルス性胃腸炎でテストを受けられなかった生徒も数名いました。特に3年生はこれから受験シーズン本番になりますので体調を崩さないように十分注意して欲しいと思います。
 一方グランドや体育館等では、部活動が再開されて部員たちの活気のある声が響いています。
 また、明日からは3年生にとっては高校生活最後のスポーツ大会であるサッカー大会が始まります。本校では対戦チームが体育の授業となるように時間割変更して他の授業をつぶさないようにして進めていきますので期間が数日間にわたります。ぜひ準備運動等をしっかりと行い、怪我にも十分注意してクラス一丸となって優勝を目指して頑張ってほしいと思います。
0

NEW 深谷市内の翁塚

 12月10日(土)に同窓会深谷支部の会合に出席しました。その席で、表記の題名の著書をいただきました。副題は「松尾芭蕉の句碑」とあります。著者は、新堀正夫氏(中46回卒)です。新堀氏は、現在新堀新聞店の会長をされています。
 新堀氏の書かれた序文を引用させていただきます。
「俳聖松尾芭蕉の作風を敬慕した門人たちや後世の無数の俳諧愛好者たちが、敬虔な心を以って、追慕景仰の象徴として、「翁塚」が、元禄時代以降現代に至るまで、全国各地に多数建立された。全国にある翁塚の総数は現在1,700余基といわれる。・・・
 文化遺産である翁塚が、深谷市内には、全国一を誇る十八基が現存している。まさに驚愕に価する数字であり、郷土の先覚者、渋沢栄一先生の名声とともに、翁塚の多さは、声を大にして全国に誇れる事実なのである。」
 この書には、深谷市内にある「松尾芭蕉の句碑」の写真と句、句碑の場所、句の意味(内容)などが書かれています。すでにお読みいただいた方もいらっしゃると思います。私も、時間を見つけて句碑を訪ねてみようと思います。
0

NEW 3年生の昇降口

 本日は、期末考査2日目。3年生は4時間の試験がありました。頭を休めるためか、試験後、サッカーで汗を流している集団がありました。元気です。
 各学年とも月間目標を昇降口の廊下に掲げています。3年生の目標を紹介します。
「センター強化月間」と大きく書いてあります。その下には、『ひたすら「復習」を意識。いろいろなものに手を出すな。穴を埋める。センターの過去問、考査・模試の解き直し。今まで使った参考書で補強。』。最後に「センターの傾向と時間に慣れる」とあります。
 いよいよ1か月後にはセンター試験です。本校では、センター試験全員受験を目標に行っています。焦っている生徒もいるでしょう。期末考査どころの話ではないかもしれませんが、それでも、生徒は皆一生懸命考査にも取り組んでいます。
 受験は団体戦と言いますが、どの学年もそうですが、学年でまとまって取組んでいるので、よい結果が出るよう祈っている毎日です。
0

NEW 生徒の思い先生の思い

 本日は、この春大学入試がうまくいかず(あるいは、大学には合格したが思いの大学ではなかったため)、再度大学受験に挑戦しようとする生徒(1浪生)が久しぶりに登校しました。受験する大学へ提出する調査書などを受け取るためです。
 センター試験もあと1か月に迫り、現役生だけでなく全国の浪人生も徐々に焦りを覚える人も多いかと思います。本日登校した生徒も元担任の先生によれば、「自信のある生徒もいたが、まだ不安のある生徒もいた」という話を伺いました。恐らくどの先生も生徒を励まして送り出したと思います。
 受験には絶対ということはありません。それは誰もが経験するところです。ただ、将来の夢を見ながらここまで真剣に取り組んできたわけですから、最後まで「初志貫徹」で取組んで欲しいと常々考えています。「諦めたらそこで終わり」と言われます。
 長い人生の中で、高校から大学の期間は、モラトリアムとも言われますが、この期間は自分の将来を決める大事な時期ですので、力を蓄えることを第一に、じっくり取り組んで欲しいと思います。
0

期末考査前日

 いよいよ明日から2学期の期末考査が始まります。新たに図書館の自習スペースはもちろんですが、2階から4階(1階の教室は定時制が授業を行っているため放課後は使用をしない約束になっています)の各教室でもすべて灯りがついていてテスト勉強をしている生徒がたくさん残っています。今日は日中気温も上がらず寒く感じましたが、体調を崩さないようにしてほしいと思います。ぜひ4日間のテストでしっかりと普段の勉強の成果を発揮してほしいと思います。
 また、明日の午後からは、浪人生たちが調査書を取りに3年生の教室に集まることになっています。久しぶりに担任の先生や級友に会って、大学受験に向けての気持ちを高め、最終ステージに入っていってもらえればと思います。本当の力を身につけて熊高の底力を見せてもらいたいものです。頑張ってください!
0

感謝状

 本日は熊谷税務署長が来訪されました。熊谷高校の「平素から租税教育の推進に尽力され、租税の役割や国民の納税の義務についての正しい知識の普及に多大な貢献」をした功績に対して、感謝状と記念品を贈呈するためです。本校の公民科は現代社会(旧教育課程では政治・経済)の授業の一環として、以前から1年生全員に夏休みの宿題として税の作文を書かせています。小学生や中学生の時に税の作文を書いた生徒も多いと思いますが、高校生として改めて税について調べ、社会人の目線で考えてみることはとても大切なことです。
 今年の1年生は4名が受賞されました。埼玉県税務連絡協議会長賞「税金について思うこと」、埼玉県租税教育推進協議会長賞「税は必要なのか」、熊谷税務署長賞「若者と税金の関わり」「税金で守るもの」です。既に11月16日に「さくらめいと」にて受賞式がありました。
 マイナンバー制度や成人年齢18歳引き下げの議論など税に関係する問題は身近にあります。他人事ではなく当事者意識を醸成するうえでも本校公民科の取組は重要な役割を果たしています。3学期には税務署職員による出前授業も企画されています。熊高OBの税務署長が是非母校でやりたいと多数手をあげていらっしゃるとか…。実にありがたい話です。
 
0

第2学年進路講演会

 本日は春のような陽気で、昨晩の雨でぬかるんでいた校庭も2時間目を過ぎるころには水たまりが消えていました。今週の8日から期末考査が始まりますが、1年生の体育はラグビー、2年生はバスケットボール、3年生はサッカーとスポーツ大会に向けて、思い切り元気に体を動かしています。
 さて、2学年は修学旅行から帰って来たばかりですが、7時間目のLHRの時間に「大学入試に向けて」という題で進路講演会を実施しました。駿台予備学校大宮校の吉井校舎長が、「大学入試の現状」「大学入試のシステム」「第一志望合格に向けて」の3つの柱について講話してくださいました。国立・私立の文理別の学費比較、科学研究費補助金の大学別配分額、図書館蔵書数の大学別比較等の例から難関国立大学の優位性がわかりました。大学入試もここ近年変わってきています。常に最新情報を得ることが大切です。全国の駿台生アンケート結果から、現役合格できた理由/現役合格できなかった理由、1日の平均学習時間、1日のタイムスケジュール、合格者から学ぶ「高2の学習」等、今の自分と比べながら、これからすべきことを自覚できる内容でした。
 熊高三本の矢である「学業」「部活動」「学校行事」に全力を尽くすためには、まず意識改革が必要です。本日の講演会は受験体制への切り替えとして時機を得たものでした。
0

NEW 秩父夜祭

 本日の朝刊には、秩父夜祭が「ユネスコ無形文化遺産」に登録されたことが報道されていました。秩父夜祭だけでなく川越まつりを含め全国18府県33件の祭りで構成する「山・鉾・屋台行事」を無形文化遺産に登録することを全会一致で決めたとあります。
 折りしも秩父夜祭は、本日、明日が祭りの本番で、特に明日3日の夜は、屋台が秩父神社を出て団子坂を上がる本番の日です。明日は土曜日でもあり、この登録もあり昨年までの人出を相当に上回るのではないかと予想されます。
 秩父地域では秩父夜祭の花である屋台囃子を小さい時から地域や学校で教わり成長していきます。本校にも自分が生徒の時、あるいは教員の時にも「屋台囃子愛好会」などの名前で同好会として生徒が活動していた記憶があります。
 最近は、秩父からの生徒が減少していることもあり愛好会もなくなっていますので、寂しさはあります。ただ、秩父から通学している生徒は、愛好会があるなしにかかわらず、幼少期より秩父夜祭、秩父屋台囃子に慣れ親しんでいますので、明日も何らかの形でかかわるのではないかと思います。私も久しぶりに見に行こうかと思っています。
0

NEW 師走

 今日から12月となり、2学期も、残り3週間となりました。2年生も修学旅行を無事終了し本日から学校に復帰しました。久しぶりに全員がそろいました。
 朝は雨が降りましたが、グランドでは生徒が元気にサッカー(3年生)やラグビー(1年生)の授業を受けていました。大きな声で体操しています。知らない人が聞くとびっくりするでしょう。教室でも声が聞こえるくらい大きな声を出しています。青春の一コマですね。
 期末考査を1週間後に控えています。今日から教室にはストーブも入り夜まで教室でも学習ができます。図書館も利用できますので両方でたくさんの生徒が学習しています。この時間ですから外は真っ暗ですが、学校はこうこうと明かりがつき昼間のようです。頼もしい生徒たちです。
0