あかいらか

2017年2月の記事一覧

NEW 大学生と一緒に進路を考える授業

 旬熊でお知らせしていますが、本日の6限・7限を使って、「大学生と一緒に進路を考える授業」が行われました。本校出身の大学生が語るのとは違った新鮮さがあったかと思います。
 31人もの大学生が、学部学科など分野ごとに分かれていますので、一人の受け持つ人数は、数名から多くても20人弱といわゆるゼミ形式での授業でした。
 大学生からの話は、「大学を好きか嫌いかで選んでよいのか」「生物が好きなら何を選ぶか?例えば、理学、農学、水産学???」いろいろあります。というような話から、大学4年間で、「自分の軸を持つ」、「失敗してもくさらない」、「「勉強したいな」と思った瞬間を大切に」などの話もありました。
 中でも、経済学と経営学の違いについて話していた大学生が、「もっと自分としても勉強しておけばよかった」ということを話してくれました。それは何かというと、バックグランドとしての数学や世界史が必要という意味で、「経済を勉強する上で微分や積分が必要になる、そのためには高校時代に数Ⅲ、数Cまできちんとやっておけばよかった。今は青チャートで勉強している。」
 もう一つが、「いろいろな人と会話するときに、世界史が必要であることが分かった。これも高校時代にしっかり勉強しておけばよかった」とも言われていました。
 文系だから数学・理科はいらないとか、理系だから社会(地歴公民)はいらないとか、短絡的に考える生徒がいます。将来のことを考えれば、本校のように様々な教科・科目を学習することが必要だと思います。本日の大学生の話を大いに参考にして自分の進路を真剣に考えてほしいと思います。
0

NEW 国公立大学前期試験

 3年生の諸君、明日から国公立大学前期試験です。今日も学校で受験勉強に集中している人もいました。これまでの力を思う存分発揮して、第1志望の大学を突破してください。また、昨年不運にも第1志望の大学合格がならなかった受験生も1年間苦労しながら受験勉強を行い実力が上がったと思います。
 センター試験の結果のことは忘れ、この2次試験に集中してください。「賽は投げられた」です。朗報を待っています。頑張れ受験生!
 保護者の方も気が気ではないかと思いますが、「泰然自若」でお子さんを信じて待ちましょう。
0

NEW 企業版ふるさと納税

 最近ふるさと納税について、「返礼品を廃止する」「一部の返礼品を廃止する」など、納税された税額よりも返礼品にかかる金額の方が多くなった事により、予算が減ってしまった自治体があるという報道が多くなりました。
 少し遅れてしまいましたが、熊谷市で始めた「企業版ふるさと納税」、寄付の第1号として、企業や医院などを経営する熊谷高校應援團OB4人の方が「ラグビーによるまちづくり」事業に計40万円を寄付されることになったということが新聞報道されました。
 本校は、当然のことですが、熊谷市の出身者が多く、その多くの方々が大学卒業後地元を中心に働いていらっしゃいます。しかも應援團の方々は、以前から校内の野球部などの部活動の応援だけでなく、うちわ祭りなど地域の活動にも参加されています。
 今回の企業版ふるさと納税では、報道によれば、第41代応援団長の大東春洋(高38回昭和61年卒)氏が、「ラグビー関係はもちろん、それを通じた市の活性化に役立ててほしい」と述べられています。
 本当に素晴らしいことです。企業版ふるさと納税はまだ認知度が低いようですが、その意味でも本校のOBの方の素早い対応には頭が下がります。
 再来年(2019年)に日本で行われるラグビーワールドカップの会場の一つが熊谷のラグビー場です。本校の出身者をはじめ埼玉県出身の選手がラグビーワールドカップ日本代表選手に選出され活躍されることを期待しています。
 
0

NEW 「歓喜へ」

 「歓喜へ」は、本校出身のJリーガー山岸範宏氏(高49回平成9年卒)が書かれた本の題名です。本日、本校サッカー部顧問の高田先生から山岸氏本人のサイン入りの本をいただきました。
 今日の今日で全部は読めていませんが、内容を少し紹介致します。序章から第1章、第2章、・・・、第6章の座談会まであります。第2章では、なぜ「守護神」を目指すことになったのか、としてサッカーを始めた小学校1、2年生の頃から、中学校時代、そして熊谷高校時代、教員を目指そうと体育学部のある大学への進学、など自分の歩んで来た道が詳しく書かれています。
 熊谷高校のくだりを紹介します。「進学した県立熊谷高校は進学校だった。当時は県南部では浦和高校、北部では熊谷高校が学力1位だったと聞いたことがある。中学時代の成績は良いほうだったが、熊谷高校に入れたのは入試直前の追い込みのおかげだと思う。」
 当時は、推薦入試と一般入試がありました。山岸氏は残念ながら推薦入試では不合格になったために一般入試を受けられたとか。推薦入試から一般入試までの1か月間は、家庭内でもテレビを撤去するなど大変だった様子が書かれています。
 その後の大学生活やプロからの誘いと教員への夢なども書かれていて、今の高校生や大学生の中にもこのような悩みを持っている人が大勢いると思いますので、是非一読していただければと思います。プロになるのは生易しいものではないことがよくわかる著作です。
 
 

0

石原小学校演奏訪問

 平成28年度の学校自己評価システムシートの評価項目にもありますが、「地域社会との連携推進」として、「ボランティアを含め、地域行事への参加・協力や小中学校との連携をさらに推進する」ことを方策としています。具体的には、吹奏楽部や陸上競技部が石原小学校と、應援團が大原中学校と交流をしました。また、夏季休業中には有志生徒が、石原小学校・富士見中学校・大原中学校に学習ボランティアに参加しました。
 本日の6時間目には、音楽部が石原小学校を訪問し合唱を披露しました。例年、全校生徒が集まるのですが、今年度は3年生から5年生の児童が対象でした。熊谷高校の校歌に続いて石原小学校の校歌を歌いました。男声合唱のコーラスで歌われた自分たちの校歌に児童たちは聞き入っていました。音楽部員の中に石原小学校出身の生徒がいましたので、自ら後輩たちに挨拶をしました。彼も小学生の時に、熊高音楽部が訪問演奏してくれたそうで、今日合唱を聴いた児童の中に将来の熊高生がいるのかもしれません。海の唱歌メドレー、津軽じょんがら節、旅立ちの日に(ア・カペラ特別版)を披露して、訪問演奏は終了しました。児童たちの記憶に残る演奏だったと思います。
0