あかいらか

2018年2月の記事一覧

金子兜太先生のこと

「質実の窓 若き日の 夏木立」。正門を入った右側にある碑に刻まれた金子兜太先生の句です。皆さんもご存知のことと思いますが、金子先生は、現代俳句協会名誉会長としてご活躍され、2年と少し前に行われた本校創立120周年記念式典では、昭和12年卒の本校OBとして記念講演をしていただきました。先生の詠まれた句と先生の略歴が刻まれた碑は、120周年を記念して建立されたものです。この度の突然の訃報に驚くのと同時に、校訓の「質実剛健」が盛り込まれた句に、母校への思いを改めて強く感じました。ご冥福をお祈りします。


0

学校関係者評価を終えて

 本日午後、第2回学校評議員会・学校評価懇話会を開催しました。
 会議に先立ち、5時間目の授業を委員の方々に見学していただきました。授業見学後には、本校OBの委員でもある方からは「自分の高校時代に比べて、先生方がしっかりと授業をやっていて様変わりをした感じを受けた。」「先生方が授業を工夫されていて、レベルも高いと感じた。」との感想をいただきました。
 会議としては、まず学校評議員会として、教務部、進路指導部、生徒指導部を中心としてこの1年間の教育活動を報告させていただき、委員の方から質問やご意見をいただきました。さらに休憩をはさんだ後、生徒会長、副会長そして代議員会委員長を交え、学校評価懇話会を行いました。この会議では、学校自己評価システムシートの年度末評価について報告し、委員の方から来年度へ向けたご提言をいただくとともに、生徒との意見交換も行いました。学校としてもこれらの会議を踏まえて、来年度の教育活動を充実させていきたいと考えております。
 さて、今後を考えますと高校入試がいよいよ始まります。中学3年生のみなさんは、埼玉県の公立高校への出願が、明日の16日(金)が郵送の場合の配達指定日、19日(月)、20日(火)が窓口での出願になっており、最後の追い込みの時期かと思いますので頑張ってください。本校も来たるべき教育改革について教職員で会議等を重ねて準備しております。ぜひ多くのみなさんが熊谷高校をめざし、出願をしていきたいと考えています。
 なお、窓口出願の際は混雑することが予想されますのでご承知おきください。
0

SSH・熊高ゼミ関係

 先週末から本日にかけて、スーパーサイエンスハイスクール(SSH)及び「熊高ゼミ」関係の行事が続きました。

 旬熊にも掲載していますが、先週2月3日(土)には1・2年生全員が1年間取り組んだ課題研究「熊高ゼミ」およびSSH研究成果発表会を行いました。SSH運営指導委員、他校の先生、本校保護者、中学生とその保護者など多くの方にお越しいただきました。
 生徒は、「熊高ゼミ」の成果をポスターやパワーポイントを用いて口頭で発表しました。理系だけでなく文系の研究も多くあり、一生懸命にやってきた結果を出してくれました。また、場所を体育館に移してSSH研究成果発表会を実施しました。3本の研究発表がありましたが、3本ともパワーポイントの資料を作成し、視覚的に見やすく、発表者もわかりやすく説明をしていました。

 さらに、本日は「熊高ゼミ」の科学分野の選択者に「サイエンスダイアログ」を行いました。この授業は、「国際的に活躍する研究者による英語を用いた科学・技術に関する講義を聞き、自然や科学に対する考え方等の違いに気づき、コミュニケーション力や表現力、語学力の向上とともに、国際的な視野を広げる」ことを目的としています。今回は「化学」「農学」「地学」の分野で講義が行われました。講師は、現在東京大学や理化学研究所において研究をされている若手研究者の方々です。
 1時間すべて英語であり、私自身も一部聴講しましたが、中身が専門的な事でよくわからないことばかりでした。そのような中でも、生徒たちは配付された資料等をもとに講師の方の話に耳を傾けていました。専門的な内容は難しかったようでなかなか質問ができませんでしたが、将来は大学でもこのような授業を受けることが多くなると思います。今のうちから経験しておくことはとても大事なことです。とても良い時間が過ごせたのではないかと思います。
0