あかいらか

2018年4月の記事一覧

あっという間の4月

 つい先日新しい先生方をお迎えし始業式・入学式を終えたばかりという意識でいましたが、あっという間に4月が過ぎていき、今月の登校日も残りあと3日となりました。本校では、先々週は新歓行事、オリエンテーション、各種保健行事などを、そして先週は年度当初の二者面談を実施して、ようやく今週になって平常授業となりました。とはいえ、すでに土曜授業も2回行い各種行事の合間にもしっかりと授業を行っていますので、慌ただしい中ではありますが授業時間の確保はちゃんとできています。1年生の多くは部活動にも加入し始め、熊高のハイペースな授業進度にも慣れてきた様子です。また、2・3年生もそれぞれ上級年次となり、先輩としての自覚や受験生としての「焦り感」も持ち始めたように思われます。生徒個々の状況は様々でしょうが、新しい学校生活は順調に滑り出している感があります。
 また、ちょうどこの時期はPTAの各支部総会が土日に開催されます。毎回思うのですが、本校の保護者はPTA活動に実に協力的で、各種会合への参加率も非常に高く、本当に頭が下がる思いでいっぱいです。一方、本校教職員に目を転じますと、この時期は各分掌・委員会などが実質的な活動をスタートする時期となっており、それぞれの部署での会議では「生徒たちをいかに育成するか、学力をどうやって向上させるか」等の議論が活発に行われます。会議に参加するたびに、本校教職員の「熱い思い」をひしひしと肌で感じます。本校教育活動は、生徒、保護者、教員がそれぞれ前向きな姿勢で臨むからこそ大いに活性化できていると思います。
 このように熊高の学校生活は毎日充実しており、そのことによって4月があっという間に駆け抜けていくような気がします。
0

新任式・始業式・入学式

 今日、4月6日(金)、本校では午前に新任式・始業式を、午後に入学式を行いました。いよいよ平成30年度の本格的なスタートです。多くの学校では来週9日(月)に始業式や入学式を行うと思いますが、本校では授業日・授業時間をできるだけ確保していくということで、他校に先駆けて一足早く登校を開始しています。
 午前中の新任式では、新たに本校に赴任した先生方と在校生(2・3年生)との初めての対面となりました。赴任した先生方それぞれが壇上で「よろしくお願いします」と挨拶すると、生徒たちも一斉に「よろしくお願いします!」と体育館に響くくらいの大きな声で返答していました。その後に行われた始業式では、武内校長講話(講話の内容は「校長室より」をご覧ください)、生徒指導部講話、担任・副担任紹介、そして最後に恒例となっている生徒全員が肩を組んでの校歌斉唱へと続きました。肩を組んで校歌を歌う生徒の姿に、新しく赴任された先生方はちょっとびっくりしている様子でした。
 午後になって、朝から雲に覆われていた空も次第に晴れ渡り、絶好の日和の中、第73回入学式を挙行いたしました。新たに迎えた322名の新入生ひとりひとりの名前を担任が呼名したあと、武内校長から入学許可を宣言しました。伝統ある熊谷高校の生徒として、ぜひ力を出し惜しみすることなく学業、部活動、学校行事に励んでほしいと思います。私も、教頭として…というより熊高生の先輩として新入生諸君のこれからの活躍に期待しています!
0

平成30年度辞令交付式

 昨日1日が日曜日だったため、本日2日(月)が平成30年度のスタートとなりました。
 さて、平成30年度当初本校管理職人事ですが、昨年度まで3年間にわたり本校教育活動にご尽力いただいた 鈴木 雅道 教頭が不動岡高校に転出され、新たに 有賀 弘一 教頭を常盤高校からお迎えいたしました。その他の管理職は、武内 道郎 校長、佐藤 康成 定時制教頭、塚田 幸子 事務部長、そして私 相模 幸之(全日制教頭)が昨年度に引き続き担当させていただきます。本年度もこれまで同様、本校へのご支援・ご協力のほどよろしくお願いいたします。(本コラムでは、以後、kyoto1が私相模、kyoto2が有賀教頭となります)
 新年度のスタートである本日は、辞令交付式から始まりました。有賀教頭の他、経験豊かなベテラン教員から大学を卒業したばかりのやる気溢れるフレッシュマンまで、全定合わせて28名の教職員が新たに本校に着任いたしました。必ずや本校の優秀な人財として、今後活躍してくれるものと期待しております。私たち管理職も、新たに本校に着任した教職員はもとよりすべての教職員が最高のパフォーマンスを発揮できるよう精一杯努める所存です。保護者の皆様、地域の皆様におかれましても、本校教職員を温かく見守っていただくとともに、今後ともご支援くださいますようお願い申し上げます。
 
0