あかいらか

2018年12月の記事一覧

ネット社会の恐ろしさ

 先日の某携帯電話会社の通信障害では、非常に多くの方が影響を受けた。財布、定期券、もちろん電話等の通信手段をすべて1台の端末に集約していた方は、電車にも乗れず、家庭との連絡も取れず、難渋したようである。私もその某社のユーザーではあるが、スマホではなくガラケーしか持たないので、家に帰ってテレビ報道で事故を知るまで何の不都合も感じなかった。一方では、端末から集められた情報が、ビックデータとなって、様々な用途に使われ、自分の知らない間に、個人の情報が大量に流れ出している時代である。先日、ある講演会で聞いたところでは、ブログにアップした情報から、その場所、個人が特定できるということである。兵器を使った戦争より、情報操作や遮断による混乱の方が、よほど影響が多方面で深刻かもしれない。情報革命は、想像を絶するスピードで進行し、もはやスマホなしでは過ごせない時代になっている。生徒諸君はどうだろう。スマホに支配されていないだろうか。1日何時間画面を見ているだろう。使い方には十分に注意すべきであり、過度の依存は危険である。熊谷高校でも、明日1215日(土)より23日(日)まで、システムに係る作業のため、ホームページの更新ができなくなります。ご承知おき下さい。
0

本校OB 元毎日新聞記者・佐藤健氏を偲ぶ

 生徒諸君は、佐藤健氏をご存じだろうか。高13・昭和36年卒の熊高OBで、毎日新聞の記者であったが、2002年、末期がんのために60歳で亡くなった。高校時代は陸上部に所属し、記者時代は自ら僧侶となって宗教を問うルポルタージュを連載するなど、明るい人柄を慕う人が多かったという。2003年、熊高同期の有志が佐藤記者の生き方を後輩に伝えようと、佐藤記者の著作や同期の医師、弁護士らの著作を加え、約80冊を熊高に寄贈してくれた。今も、熊高図書館にある「健さん文庫」である。17回忌を迎え、高13期の同窓生も来年喜寿を迎えるということで、この度、OBの著作やDVDなど約40点を追加で寄贈してくださった。贈呈式の様子が129日の毎日新聞に掲載されている。生徒諸君には、寄贈された本を通して、偉大な先輩方の足跡を知り、大いに刺激を受けてほしいと思う。
0

GTEC4技能試験を実施しました

 戸田奈津子さんの講演を聞いたことがある。数々の映画の字幕を手がけ、海外の有名俳優が来日した際も、戸田さんを通訳として指名するという。「どうしたら英語がうまくなるか」と高校生に問われ、「社会に出て必要になれば、自然とうまくなる。それよりも、英語を使って話す内容、つまり教養や人間性が大切」と答えたことを覚えている。映画が大好きで字幕翻訳の世界に飛び込んだ戸田さんにとって、英語はあくまでスキルであって、会話の内容が大切なのだろう。有名俳優が戸田さんを指名するのは、映画の世界をよく勉強していて、努力を怠らないからなのだろう。
 1、2年生全員を対象に「GTEC4技能試験」を実施した。現1年生が3年生になった際は、大学入試に英語の検定試験結果を使うことになる。そのための練習である。4技能のうち、スピーキングの力をタブレットに録音する形で実施した。全員が両手にタブレットを持ち、ヘッドホンから聞こえる会話に答えている光景は、何となく奇妙であった。タブレット相手で、自然な会話になるのだろうか、少し疑問が残るが、大人数での実施に代案はないように思う。初めての試験で戸惑っている生徒も多いようだが、来年以降も実施するので、早く慣れてほしい。


 

0