旬熊

2015年7月の記事一覧

臨海学校第2日


本日は臨海学校第2日目。昨日に引き続き天候にも恵まれ、午前の実習に引き続き、午後には1級の遠泳が行われ、40名の生徒が正規のコースを68分かけて無事泳ぎきりました。


臨海学校第1日


第47回臨海学校が本日より3泊4日の日程で始まりました。
まず、全員で浜辺の清掃、そしていよいよ海に入っての実習が開始されました。


単位制移行に係る説明会

 7月14日(火)午後3時30分より、本校視聴覚室にて「単位制移行に係る説明会」を実施しました。あくまでも予定であり決定ではないのですが、平成28年入学生からの導入予定なので、進学フェアや学校説明会が始まる前に中学校関係者や塾関係者に全体で説明する機会を設けました。本日はお忙しい中をお越しいただき誠にありがとうございました。

1学期終業式

 7月14日(火)2時間授業を行った後、1学期の終業式がありました。本日から一年生は臨海学校に行っているので、体育館にいるのは三年生と二年生だけでした。吹奏楽部の演奏がないので應援団長自らが指揮を執り、最後は肩を組んで校歌を歌い上げました。『校長室より』に校長講話の原稿を掲載しました。どうぞご覧ください。
 

野球部、勝利!!

7月12日(日)炎天下で繰りひろげられた第97回全国高校野球埼玉大会1回戦の栄東校高戦。2-1で勝利した様子を是非ご覧ください。









3年生テニス・卓球大会実施

7月9日(木)午前中、3年生はテニス・卓球大会を実施しました。7月3日(金)に予定されていた本大会が雨天のため中止となっていましたが、生徒たちの要望により本日実施することになりました。テニスがラバーコートと体育館、卓球が卓球場と剣道場を会場に時間を短縮して行いました。3年生たちの盛り上がる声が各会場から聞こえてきました。優勝は卓球が8組、テニスが2組でした。


水泳部関東大会出場壮行会

7月8日(水)4時間目終了後に体育館にて水泳部の関東大会出場を祝して壮行会を実施しました。出張中の春山校長に代わり鈴木教頭が激励の言葉を贈り、最後は應援團が応援歌と校歌で士気を高めました。水泳部の皆さん、頑張ってください!


「創立百二十周年」懸垂幕が掲げられました


昨日7月6日、株式会社 八木橋 様の御厚意により、本校「創立百二十周年」の懸垂幕が掲げられました。国道17号線を熊谷駅方向から深谷方面に向かうと道沿いに八木橋百貨店の建物が見えてきますが、本当に見やすい位置に掲げていただきました。また、本校百二十周年実行委員会作成の懸垂幕とともに株式会社八木橋様からもお祝いの懸垂幕を掲げていただきました。本当にありがとうございました。

PTA自転車安全点検

7月6日(月)午前中にPTA主催の自転車安全点検を実施しました。今回が3回目となる自転車安全点検ですが、雨の中、熊谷市自転車組合の方々とPTA役員の方々が4つのグループに分かれ、1台1台整備状況を点検してくださいました。点検で要整備とチェックされた生徒はこの夏休み中に市内の自転車屋さんで整備してもらうことになります。全校生徒の8割近くが自転車通学をする学校です。道路交通法が改正され罰則も厳しくなりました。一人ひとりが責任を持って整備してもらいたいたいです。自転車組合の皆さま、PTAの皆さま、本日はありがとうございました。

触れる地球が設置されました


本日、本校に「触れる地球」が設置されました。この「触れる地球」は竹村真一京都造形芸術大学教授が発案されたもので地球リテラシーを養う次世代のデジタル地球儀です。地球の温暖化や台風・津波の発生過程、渡り鳥の移動など、地球のダイナミズムを生きたかたちで体感できるものです。土曜公開授業や学校説明会などで学校を訪問された際にはぜひ触ってみてください。