あかいらか

2016年5月の記事一覧

中間考査1週間前


 本日で中間考査1週間前となりました。1年生にとっては高校での初めての定期考査であり、不安もあるかもしれません。しかし、やるべきことをしっかりとやってテストに臨んでほしいものです。
 本校はご存知かもしれませんが、平日は図書館を20時30分まで開放しています。また、3年生には勉強のため教室を同じ時間まで開放しています。しかし、定期考査1週間前には1・2年生にも教室(定時制のHRがある1階の教室は除く)を開放しています。本日は1・2年生の教室でも遅くまで灯りがついており、残って勉強をしている生徒が多く見受けられました。生徒諸君はぜひしっかりと準備をして中間考査に臨んでください。
0

NEW 山田耕筰と石坂養平

 お二人の名前を聞いて何を思い出されますか。山田耕筰氏は、日本の誇る作曲家の一人です。ご存知と思います。石坂養平氏は、文芸評論家、政治家であり作詞家でもあります。そして、本校校歌の作曲者と作詞者であります。
 本日の音楽の1年生の授業で、櫻井先生(音楽教諭)が、校歌指導の後、校歌を作詞作曲されたお二人の紹介をしていました。私もお聞きしたのは初めてでしたが、とても興味深いものでした。
 山田耕筰氏は、小学校から大学までの校歌を多数作曲されています。本校校歌を作曲されたのは、1949年(昭和24年)2月で、前年に脳溢血で倒れられた後での事だそうです。終戦後の混乱期で学校に期待する気持ちを表された曲を力を込めて作られたのではないかと櫻井先生は述べられていました。
 埼玉県内の高校では、本校以外では旧熊谷商業高校の校歌も作曲されていますが、現在は歌われていないので県内高校では本校のみとなっています。
 また、石坂養平氏は、旧制熊谷中学校(本校)、旧制二高、東京帝国大学(東京大学)の出身で、本校だけでなく、熊谷市内の小中学校の校歌の作詞もされているようです。生徒の中には、石原小、大原中、熊谷高校出身者がいて、都合12年間石坂先生の校歌を歌った生徒もいるようです。また、先生は「少年よ世界を小とせよ」という言葉を残されています。
 このようなお二人にお作り頂いた校歌を歌える我々は幸せ者だと思います。生徒には自信を持って歌ってほしいと思います。
 
0

NEW 素晴らしい結果

 本日の埼玉新聞で報道されていますが、ソフトテニス部の団体で関東大会出場が決まりました。ソフトテニス部は、個人でも2組関東大会出場が決まっていますので、個人、団体での出場はうれしい限りです。昨年は、団体がもう1歩のところで関東出場を逃しただけに顧問もとても喜んでいます。
 また、陸上部では、個人でありますが110mハードルで2年生の今井君が14秒79の1位で県大会を通過しました。この記録は、全国のジュニアでも通用する記録なのだそうです。埼玉新聞によれば、連覇を狙った塩田(ふじみ野高校)を抑える金星で初優勝とあります。それほど記録が良かったということで、インターハイも狙ってほしいと期待しています。陸上部は、北関東大会への出場ということです。
 軟式野球部、ソフトテニス部、陸上部と関東大会・北関東大会でも素晴らしい結果を期待しています。読者の皆様も応援をよろしくお願いいたします。
0

NEW 優勝旗2本

 昨日、軟式野球部の春の県大会優勝を報告させていただきました。優勝すると優勝旗と優勝カップが授与されます。この優勝旗は、優勝カップとともに1年間優勝校に飾られます。返還の時にレプリカのカップが授与されます。
 実は、昨年秋の県大会でも軟式野球部は県大会で優勝しましたので、校長室に優勝旗が飾られています。優勝カップは、玄関のショーケースに飾られています。
 今回の県大会で優勝しましたのでその優勝旗と優勝カップが学校に届きました。この優勝旗を秋と同様に校長室に飾ることになります。つまり、優勝旗が2本になった訳です。秋の県大会までは校長室に優勝旗が2本飾られます。なかなかないことで本当に生徒の活躍は素晴らしいと思います。
 5月20日から関東大会が千葉県で開催されます。優勝目指して頑張って欲しいと思います。
0

NEW 軟式野球県大会優勝


 現在、各運動部で関東大会予選等が行われています。本校の運動部も地区大会を突破して、県大会に出場し、上位進出を果たしている部も多くあります。まだ、全部の結果が出揃ったわけではありませんので、後日関東大会に出場決定した部については何らかの形でお知らせできればと考えています。
 本日は、軟式野球部が県大会の決勝戦に臨みました。すでに決勝戦に進出した段階で関東大会出場は決めていました。先ほど顧問より連絡があり、伊奈学園総合高校と対戦し、見事勝利を収め、昨秋に引き続き2季連続で優勝することができました。秋の優勝チームということで追われる立場ではありましたが、選手たちも日頃の練習の成果を発揮し、何とか結果を残してくれました。5月20日から関東大会に臨むことになります。今度は挑戦者として是非また頑張ってほしいと思っています。保護者の方をはじめ多くの方に応援していただきありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。
0

NEW 吹奏楽部演奏会

 この連休は、部活動にとっては、地区大会、県予選会、そして発表会などが各地で催され保護者の方にとっても忙しい毎日だったのではないかと拝察いたします。その中で、吹奏楽部は、5月3日に熊谷サクラメイトにおいて第31回演奏会を行いました。
 この時期ですから、2年生・3年生の演奏です。昨年と比べると人数も10人以上増えていて、迫力のある演奏会になりました。生徒自身が演出も考え、とても聴きごたえのある演奏会になったと自分では思いました。
 プログラムも3部構成で、PART1が、「コンサートステージ」と称して「Centuria、Invicta、天空への挑戦、マードックからの最後の手紙」の4曲、PART2は「アンサンブルステージ」と称して「クラリネット六重奏 Eine Kleine Nachtmusik、サックス四重奏 情熱大陸、バリチュー五重奏 Pirates of the Caribbean、打楽器五重奏 月迷宮/大神、Jazzバンド 台風」の5曲、Part3は「ポップスステージ」と称して「RYDEEN、J-POP Stage Vol.10【スタジオジブリ名曲集】、ディズニーランド・セレブレーション」の3曲、最後にアンコール曲で引退する生徒が、各パートでソロ演奏して終了しました。
 途中に、應援團の友情出演もあり、校歌の演奏もありました。会場にお越しいただきました皆様、また保護者の皆様には、改めてお礼申し上げます。ありがとうございました。生徒もよき記念公演ができ、自信もついたと思います。これからも吹奏楽部に声援をお送り頂きたいと思います。 
0

NEW メール

 本校では、保護者の皆様向けに緊急情報配信システムを利用していただいています。教職員も利用しています。恐らく他の高校でも独自のメールを利用していると思います。
 昨日5月1日には、定期試験メールとして5月の学校行事が配信されました。ご覧いただいた方は多いかと思いますが、生徒を通じても保護者の方まで届かないことがあるという要望にお応えし、システムを構築しています。
 毎月の学校行事等をお知らせできますので、まだ登録を済まされていない方で利用のご希望のある方は、本校全日制教頭までご一報ください。災害等だけでなく、学校行事などに利用できますのでどうぞよろしくお願いいたします。
0