校長室より

2021年12月の記事一覧

記念講演「遥かなる夢に向かって ~限りなき挑戦~」第4話(高P連 山梨大会 その6)

山梨学院大学の上田誠仁(まさひと)教授、

記念講演の最終回です。

 

●成長するための4つのステップ  指導=成長(Growing up)

   G→GOAL…目標

   R→REALITY…現実、現状

   O→OPTION…選択

   W→WILL…意志

 

 G:目標を明確にすること

      提示されたスケジュールをこなしているだけではダメ

 ・何のためにやっているかを

  選手それぞれが考えなければならない

 R:現実、現状

 ・どこがどれだけ足りないか、今の状況を見極めて理解し、

 ・ゴールまでの距離感を把握しなければならない。

 O:選択

 ・目標と現状が理解できたうえで

  どのように行動に移すのか選択

    一つを選択していく。

   ・どんなトレーニングをすればよいか。

   ・どんな日常を送ればよいか。

   ・貧血予防フードコントロールは?    

 W:意志

 ・決断し、実行に移すには「意志」が必要。

 《判断・決断・実行》の連続   

  実行には「意志」が必要

目標を定めて成長(GLOW)という言葉に則ってやっていく中で

  「疾風に勁草」がごとき選手になれる

 

  ◎疾風に勁草がごとき選手とは

  ①自ら方向性を定めることができる選手

  ②他者から逐一コントロールされることなく

  ③責任感をもって主体的に行動できる選手

上記①~③のようなことを、スポーツを通して、

   学んだり、気付いたりすることが「スポーツのすばらしさ」

 

●学年アスリートとして伸ばしてゆかなければならない課題

 三角錐をイメージ。3つの頂点を上から反時計回りに、

 ①態度Attitude ②信念Conviction  ③信頼Confidence

 

     ①の「態度」は「論理的な思考者Logical Thinker」として捉える

 【筋道を立てて考え感情的にならず冷静に判断する力

 

 ②の「信念」は「強靭な戦闘者Tough Battler」として捉える

 【グラウンドで強いけどレースに通用しない選手にならないように

困難苦難でもあきらめずに最後まで戦い抜く気概を持つ

 

 ③の「信頼」は「友好的な援助者Friendly Helper」として捉える

【単なるフレンドリーではなく、真のチームワークを目指す

自分が不利になっても、相手のために

厳しいけれど、後輩のために

 

最後に

  人生には挫折しそうなこと、絶望しそうなことがたくさんある

 

そういつときこそ、

スポーツは『知恵』と『勇気』を

 喚起させるカンフルとの気持ちを育んでくれる

 

ご講演の内容を簡単にご紹介させていただきました。

スポーツ以外でも様々なことにあてはまると思います。

是非、参考にしてください。

 

 

0

サッカー大会 準決勝戦

本校では様々な対抗戦が行われています。

バレーボール、ラグビー、バスケットボール、

柔道、綱引、水泳、テニス、卓球、サッカー、

それに文化的なものとしては百人一首大会です。

 

現在、3年次生がサッカー大会を

行っています。本日は準決勝です。

頂点を目指して頑張ってください。

 

                   攻  防

     仲間が応援

 

0

地域交流 石原小学校 修学旅行代替行事 感想

昨日近隣の石原小学校の修学旅行の代替行事の話をしました。

コロナ禍で形態を変更して

市内等を巡る形で実施した修学旅行です。

 

6年生の男女約30名が本校を訪問しました。

時間があまりない中でしたが、高校3年生の化学の授業にも

参加してくれました。また、体育館、トレーニングルーム、

プール、図書館等を見学しました。

 

後日校長先生が子供たちの冊子になった

お礼状を届けてくださいました。

 

いくつか紹介します。

〇熊高の見学をさせていただき本当にありがとうございました。

〇見学でわかったのは男子しかいないため、実験などとても

 楽しそうに行っていてびっくりしました。

〇熊谷高校のプールは夏に天井が開くことなどわかりました。

〇特にびっくりしたのは自動販売機がとても安いことです。

〇理科だけで一つの校舎があったり、リーチマイケル選手の

 サインボールがあったりして驚きました。

〇熊高が県で2番目に古い学校をいうこと初めて知りました。

〇将来熊谷高校に入りたいと思いました。

〇修学旅行でお忙しいところを、学校内を

 見学させていただきありがとうございました。

〇温水の水泳場や図書館に驚きました。

〇学食と自販機があんな安いなんて知りませんでした。

〇理科だけの校舎があることにびっくりしました。

〇実験は失敗してしまいましたがとてもおもしろかったです。

〇貴重な体験をありがとうございました。

 女子なので熊谷高校には行けませんが、

 男子だったらぜひ行きたいと思いました。

〇皆さまのおかげで素敵な修学旅行になりました。

〇私たちのために大切なお時間をさいて案内して

 いただきありがとうございました。

〇教頭先生が学校のことをたくさん紹介してくださって

 よくわかりました。

〇理科の実験に参加できておもしろかったです。

〇高校生のみなさんが話しかけてくれてよかったです。

〇行く前は熊谷で一番頭がいいのできびしいかなと思った

 のですが、きびしくはなさそうで楽しかったです。

〇理科だけで1校舎あると聞いてすごくびっくりしました。

〇スポーツも強いと聞いていいなと思いました。

〇実験が見られてとてもうれしかったです。

〇食堂をみて広くおいしそうなメニューがあって

 いいところでした。

〇校舎や校庭、教室が大きくてびっくりしました。

〇高校生になったら熊谷高校に行ってみたいです。

〇ぼくはかぜで行けなかったのですが同じ班の人たちから

 話を聞いてぼくもいっしょに勉強してみたかったです。

〇本がたくさんあってビックリしました。

〇温水プールやラグビーワールドカップのときに

 アメリカ選手が泳ぎに来たのを聞いてびっくりしました。

〇理科の実験を見ることができて勉強になりました。

〇熊谷高校のみなさまのおかげでとても楽しい

 修学旅行になりました。

〇とてもおいそがしい中をていねいに説明

 してくださってありがとうございました。

〇プールの話、自販機の話、図書館の話が心に残りました。

〇入ってすぐのところにあるインパクトのある賞状やトロフィー

 はとても時代を感じさせるものでした。

〇理科棟で高校三年生の皆さんと一緒にやった実験は

 失敗しましたがとても心に残りました。

〇とてもむずかしそうな実験ですごいなと思いました。

〇図書室の中はとても広く2階もあって

 たくさんの本がありました。熊谷高校の図書室で

 本を読んでみたいです。

〇私の心にとても残ったのは理科の授業です。液体どうしを

 組み合わせ引っぱると糸みたいになるなんて初めて

 知りました。さらに、その実験にガソリンを使っている

 と聞いてびっくりしました。そして固めるとちがう

 ものに変わるなんてすごいなと思いました。

〇校内はいろいろとすごい物が飾ってあってびっくりしました。

〇おみやげにファイルと資料とペーパークラフトを

 もらってうれしかったです。

〇ナイロンの糸を作る実験ではナイロンは

 できませんでしたが楽しかったです。

〇将来は入れたら熊高に入りたいと思いました。

〇熊高の見学をしてとても楽しそうな場所だと

 思いました。次に大きな図書室や温水プール

 校庭をみてとてもびっくりしました。

〇熊谷高校の皆さんのおかげで思い出が

 一つ増えました。

〇実験のときにまわりの高校生のみなさんが

 とてもやさしくしてくれてうれしかったです。

〇みなさんのおかげで心に残る修学旅行なりました。

〇理科の実験、図書室の自習スペース、温水プールも

 見せていただき、今まで知らなかった熊谷高校の

 魅力を知ることができて楽しかったです。

〇熊谷高校のことをもっと知りたいと思いました。

〇熊谷高校のしせつや歴史、中でも温水プール

 や展示品などにしょうげきを受けました。

〇もう少しで中学生になります。中学生になったら

 たくさん勉強して皆さんの高校に行くので

 待っててください。

〇熊谷高校を見学して今のところ

 行きたい高校の中で一番行きたいです。

〇自習スペースが多くていいと思いました。人が

 たくさんいても勉強できるのがいいと思いました。

〇理科の実験のときに話しかけてくれて

 とてもうれしかったです。

しっかりした字できれいなお礼状です

 

0

石原小学校本校来校 修学旅行代替行事 地域連携

11月に石原小学校6年生の

児童が引率の先生や校長先生と

ともに本校を訪れました。

 

昨年からのコロナ禍で通常の修学旅行に

替わる行事として「熊谷市内巡り」を計画し

本校にも29名が見学に来てくれました。

 

見学の目的は

・地域の名所や施設を見学し、

 郷土の歴史や 文化に触れ、

 郷土熊谷への関心を高める。

・自分たちの進路先である

 近隣の学校を見学し、進学への

 興味・関心や意欲を高める。

とのことでした。

 

明るく元気で礼儀正しい皆さんでした。

  小学生へのおみやげの袋詰め

おみやげはオリジナルバッグに

     おみやげ

 恐竜の段ボール工作シリーズ

  小学生来校 玄関より

    最初の説明

     学食の説明

   高校3年の化学の授業に参加

  高3生から実験の説明を

 トレーニングルームの説明

  ドーム式プール 2Fより

    ピロティ 説明

     図書館にて

自由に見て回ります 2Fより撮影

  最後は班ごとに記念撮影

 

 

0

期末考査

期末考査中です。

一年の中間に位置する2学期は一般的に

季節もよいことから行事も多く、

忙しいことから、学習が間に合わない

ことも少なくありません。

 

試験勉強や試験を経て、学習の定着状況を

確認するよい機会です。

不十分な単元や項目は早めに手当て

してください。

              英語の考査

 

0

国税庁長官賞 埼北よみうり掲載

11月8日と11月20日の「校長室より」で

紹介しました本校1年次生田原くんによる

税についての作文、国税庁長官賞受賞の

ニュースが埼北よみうりに掲載されました。

 

「とても光栄なことでうれしい。私は

福島県出身ですが、東日本大震災を経験した

際に税の重要さを実感し、そのことを

作文にしました」とコメントしています。

 

改めておめでとうございます。

 

0

1日警察署長 本校2年次生

本校の生徒が熊谷警察署より依頼を受けて

前生徒会長2年次生が1日警察署長を務めました。

 

熊谷市内における交通事故防止活動及び

防犯活動のますますの活性化を図るために

「令和3年冬の交通事故防止運動・年末年始

特別警戒出陣式」に臨み、用意された警察署長用の

制服に着替え「安全宣言」を読み上げました。

 

12月6日(月)熊谷市コミュニティひろば

で出陣式は行われました。本校からは

警察署長を依頼された生徒とともに、

應援團9名が派遣要請を受けて、演舞を披露しました。

 

1日警察署長及び應援團の皆さん、お疲れさまでした。

引率された先生、関係者の皆様、

ありがとうございました。

 

【参考】

      「安全宣言」

 安全で安心して暮らせる社会の実現は、

私たち全員の願いです。

 私たちは、「冬の交通事故防止運動・年末年始

特別警戒出陣式」を契機として、地域社会における

連帯意識を強化し、地域の暮らしの安全と交通

安全のために、年末年始の交通事故防止活動と

各種犯罪の防止活動を市民の皆さまと一丸となって

推進することを、ここに宣言します。

 

制服に着替え、課長より説明を受けています

     熊谷市長あいさつ

   警察署長より委嘱状交付

    「安全宣言」読み上げ

      市長及び署長

    市長に「安全宣言」を

      應援團 演舞

記念撮影 1日警察署長 右より3人目

  警察署長より應援團長に感謝状

0

学校見学会

中学生とその保護者の方に御来校いただきました。

 

校長挨拶ののちにいくつかのグループに分かれて

校内を見学していただきました。

 

お忙しいところをお越しいただきありがとう

ございました。今後の学校選択の参考になれば

幸いです。御不明な点があればお問い合わせください。

 

感想等をいただきましたので一部紹介します。

【感想・印象の一部】

〇校内がきれいでした。

〇施設が整っていて充実した高校生活が送れそうです。

〇敷地面積が広くてびっくりしました。

〇今回の学校見学で改めて受験を頑張ろうと思いました。

〇楽しそうな雰囲気で良いと感じました。

〇男子校ということで少し偏見がありましたが、

 明るい授業の雰囲気などを見て、楽しそうで

 よいと感じました。

〇自分の努力次第で学力の伸び幅が広がることを

 知り、ものすごく好印象でした。

〇図書室と自習室が明るくてとても気に入りました。

〇授業の様子やプールなどを見て、授業をしている

 人は全員楽しく勉強しているように見え、僕も

 このような環境で勉強したいと思い、熊谷高校に

 行きたいという思いがより強くなりました。

〇各クラス活気があり、授業が受けやすそうな

 雰囲気に好印象を受けました。

〇見学会をとおして学校の施設や雰囲気を

 知ることができてよかったです。

〇英語などに個別指導をしていることや

 理数に力を入れていることなど、とても良いと

 感じました。

〇今回の見学会で熊谷高校に強く入学したいと

 思いました。そして勉強のやる気がとても

 わいてきました。貴重な体験でした。

〇生徒同士の距離が近く、先生も一教科で複数の先生が

 いることから、進学と生徒の学校生活の充実の両方を

 考えていることがわかりました。独自色の強い行事を

 今後も続けてほしいと思います。

〇案内してくださった先生のお話がわかりやすくて、

 おもしろかったです。熊谷高校について詳しく

 知ることができました。受検がんばりたいです。

〇生徒の皆さんが非常に明るく活気のある学校だと

 感じました。

〇学校見学をしてみて、この学校の設備がとても

 整っていると実感しました。特に、プールが印象的

 でした。雨が降っていて外が寒くても温かいプールに

 入れるところが魅力的です。今回の見学会で

 「この学校に行きたい」という気持ちがより

 高まりました。

〇熊谷高校が自由な校風であるということは

 聞いたことがあるが、設備が思っていた以上に

 充実していて驚いた。

〇図書館にたくさんの本があり驚いた。新聞や雑誌なども

 あったので、入学したら是非行ってみたいと思った。

〇設備が充実していて快適な学校生活がおくれそうだと

 感じました。自主学習スペースもあり勉強にも

 集中できそうだと思いました。

              受付にて

     司会 説明

    体育館 説明

 

0

期末考査 直前

期末考査が近づいています。

2学期は多くの行事も無事に

実施できました。

いよいよ期末考査です。

 

それぞれの教科でわかるところ、

不十分なところを確認してください。

 

朝早く登校して勉強している人もいます。

放課後図書館で学習している人もいます。

 

各自自分のペースで頑張ってください。

わからない点は先生や友人と確認し

自分のものにしてください。

 

参考までに今日の早朝の様子を

写真に撮りました。

     1F教室

   2F 学習スペース

   3F 学習スペース

 

0

記念講演「遥かなる夢に向かって ~限りなき挑戦~」第3話(高P連 山梨大会 その5)

山梨学院大学の上田誠仁(まさひと)教授、

記念講演の3回目です。

 

●駅伝とは

  「信じる気持ちを未来に向かって運ぶ競技

 

   襷に「行ってらっしゃい」そして「お帰り」。

 

   自分たちのチームスピリッツを込めた襷を、

   200kmの2日間の旅に行ってらっしゃいとチームが送り出し、

   結果はどうであれ、お帰りと迎える。

 

  アンカーは、ゴールを目指しているのではなく、

  チームのもとへ帰るという気持ちで走っています。

 

  アンカーはゴールした瞬間に、

  来年に向けての第一歩を踏み出している

 

  最終ランナーがゴールラインを越えて踏み出す一歩は、

  1年後に向けて最初に踏み出す一歩

 

    襷はゴールではなくチームメイトのもとへ帰っていく。

 

ユニフォームゼッケン(ナンバーカード)・襷(たすき)の意味

  駅伝では、ユニフォーム、ゼッケン、襷が身につけるもの。

 

  ユニフォーム自信と誇りの象徴

    所属しているチームの大学名や企業名が入っている。

 

  ナンバー(ゼッケン)は自覚と責任の象徴

   自信と誇りの象徴のユニフォームにナンバー(ゼッケン)を付ける。

 

    私はこの区間を走る選手ですと宣言することになる。

    だから、腹痛でも、足の痙攣でも

    中継点やゴールまで行かなければならない。

    途中でランナーの交代はない。

 

  襷(たすき) 団結と絆の象徴(襷は縦糸と横糸でできている)

     縦糸:時間軸。365日、どのチームにも平等

     横糸毎日一本ずつ織っていく

        マネージャー、上級生、下級生一緒になって織る。

 

     襷の布を織るのは日々の努力

      やった振り、やったつもりではきちんとした布を織れない

     結果が悪かったとき、チームとして織り方のミスがある

 

0