校長室より

第39代校長 亀山 典幸(令和2年4月着任)

 

                    

 

 熊谷高等学校は浦和高等学校とともに1895年(明治28年)に創立した県下有数の伝統校であり進学校です。保護者の皆様、様々な分野で活躍する卒業生の皆様の御支援をいただきながら、教職員一丸となって、大切な成長期を熊谷高校で過ごす生徒の皆さんが、将来世界の幅広い分野・領域で活躍するための基盤づくりのお手伝いをさせていただきたいと思います。御支援、御協力をどうぞよろしくお願いいたします。 

さて、ここで簡単に学校の紹介をさせていただきます。

 

「熊高」は新時代 令和の時代をリードします

伝統を重んじながらも、最先端の教育を取り入れ、時代をリードします。 

 

〇熊谷高校は全力で進学指導に力を入れています。

R3年3月実績

国公立大 現役 合格者数 過去最多

国公立大 医学部 医学科 現役複数合格

私立大学 現役 合格者数 ここ10年では最多

                                     大学 現役 合格率 77% 

 

【過去3年実績】 難関10大学中 7大学合格 

 東大 北大 東北 大阪 九州 一橋 東工大

 難関10大学(北大  東北  東大  名古屋  大阪  京都  神戸  九州  東工大  一橋)

 

 ・東京大学累積合格者数:県内3位 (1位浦高、2位川越 3位熊高)

 ・京都大学累積合格者数:県内2位 (1位浦高、2位熊高)

これは、進学指導にこだわり、多くの先人たちの努力とともに、地域の方々に支えられ、生徒の夢の実現を全力でサポートしてきた結果です。

 

 〇熊谷高校は徹底的に面倒をみる学校です。 

 ・年17回土曜授業 ・長期休業中の補習、普段の朝補習、部活動終了後の夜補習

 ・学習場所の確保:図書館開放 20:30まで  各年次教室開放

 ・個別の面談  各学年、各クラスで組織的、計画的に実施

教育活動全般、教職員一丸となって、非常にきめの細かい教育活動を展開しています。

 

〇熊谷高校は最先端の教育活動を行っています。

 ・国や県等の事業を積極活用 SSH(スーパーサイエンスハイスクール) 大学進学指導推進校事業

       熊高ゼミ(学校独自)  課題解決能力 発信力 主体的活動  質の高い教育活動を展開

 ・進学型単位制(平成28年度より)少人数授業を増設 個々のニーズに応える体制構築

 ・ICT活用した効果的授業を実践 県指定 タブレット端末を利用した授業早期導入

 

 〇熊谷高校は運動部・文化部・愛好会など、部活動が活発に行われています。

 ・全国大会や関東大会に出場 仲間と一緒に感動の瞬間を共有

   全国:水泳部、ソフトテニス部、陸上競技部、スキー部

   関東:軟式野球部、水泳部、山岳部、スキー部、ソフトテニス部、陸上競技部

 ・運動部19、文化部12、愛好会7。 学習にも好影響 相互補完

 

〇熊谷高校は知・徳・体バランスの取れた教育を実践しています。 

  ・40キロハイク臨海学校など(中学校では経験できないような多くの行事)

  ・文化祭、体育祭、クロカン、水泳、各種スポーツ大会(1年:バレーボール、ラグビー

     2年:柔道、バスケットボール     3年:テニス・卓球、サッカー)

  将来のリーダーに欠かせない「人間力」を育成

  肩組み校歌を高らかに歌う姿 感動的 一生ものの友と充実感・達成感を体験

  日本のみならず世界をリードする人材の育成を目指す

 

  中学生の皆さんも是非、本校でこうした経験をしてみてください。 

 

熊谷高校は「人」を育てます。

 

校長室より

校長室より

3年次保護者会

3年次保護者会を開催しました。

この日は午前中の理事会に始まり、一般公開されている授業見学、

午後に行われたPTA主催の進路講演会に続いて、3年次保護者会を実施しました。

一日の長丁場になった方もいるかもしれません。ありがとうございました。

進路等に関して説明がありました。入試の状況も変化してきています。御不明な点は御相談ください。

   進路指導主事の説明

 

0

進路講演会 PTA主催

PTA主催の進路講演会を行いました。昨年度はコロナ禍で開催できませんでした。

今回は1~3年まで500名近い保護者の方に参加してもらうことができました。

 

講師として外部からご専門の方に登壇していただき「親子で乗り切る大学入試」と題してお話ししていただきました。

3年次生の保護者の方は体育館で、1~2年次生の保護者の方には各教室でリモートの形で参加していただきました。

 

入試はいつの時代でも最も神経をつかう一大事業だと思います。

学校としては生徒の皆さんが第一志望を実現できるようにできる限り寄り添っていきたいと考えています。

御心配なことがあれば遠慮なく御相談ください。

 

ご講演くださった講師の先生、

いろいろと準備に当たられたPTAの担当の皆様や先生方、参加された保護者の皆様、

いろいろとありがとうございました。

 

   体育館内受付の様子

 講演の先生と司会の役員の方

     講演の様子

  リモート 教室の様子

    受付の資料

 

0

英語による研究発表会(Kumagaya English Expression Network)

英語の頭文字をとって通常KEENと呼んでいる研究発表会は、今年度は熊谷高校で開催しました。

熊谷西高校と熊谷高校が主催で、国立研究開発法人科学技術振興機構が後援になっています。

昨年度はオンラインでの開催でしたが、今年度は新型コロナウイルスに対する感染防止対策を徹底したうえで、本校で実施しました。

 

発表はポスター発表と口頭発表で行われました。司会も含めて基本的にはすべて英語で行われました。

司会は熊谷高校の3年次生が担当しました。

ポスター発表は化学分野3本、生物分野3本、物理分野が1本で、口頭発表は化学分野7本、地学分野が2本でした。

 

Feedback Sheetが用意されていて、Good PointsやComments on improvementsなど互いに切磋琢磨するような形になっています。

更にアンケートもあり、それぞれの質問項目に対してどう感じたかなど振り返ることができるようになっています。

 

指導助言として大学の先生にもお越しいただきました。

また、大学の先生には Language learning in the Age of Information と題して講演もしていただきました。

 

参加の生徒の皆さん、研究、実験、準備や発表などお疲れ様でした。

また、御指導に当たられた各学校の先生方、指導講評の大学の先生、本当にお世話になりました。

 

生徒の皆さんは実際に参加して感じることも多かったと思います。

今回の会で得たものを今後の活動に生かしてほしいと思います。

   記念館入口の掲示

  リアクションカード入れ

    フィードバックシート

 英語によるのポスター発表

    発表前の準備

熊高の司会者 直前英語の確認

    発表の様子

     発表の様子

 

0

PTA理事会 英語による研究発表会 等 一般公開

本日は一般公開のほかに様々な行事を予定しています。

午前中はPTA理事会を開催しました。

正副会長様をはじめ、各支部長、委員長の皆様にお越しいただきました。ありがとうございます。

 

午後には、SSH関連の行事「英語による研究発表会」や外部の専門の講師の方をお招きして

PTA主催の進路講演会、そして3年次生の保護者会も予定しています。

多くの方にお世話になります。よろしくお願いいたします。

   一般公開 説明

   PTA理事会 開始前

 

0

水泳の授業

現在保健体育では水泳の授業を実施しています。

過日教育実習生が来ているときに授業の様子を見ました。

指導教授の先生も来校した大学もありました。

1年次生に関しては7月に行われる臨海学校に向けて練習しています。

先生の指示に従って生徒はてきぱきと行動していました。

よい思い出の臨海学校になるように各自練習に励んでほしいと思います。

      プールサイドで準備運動

    平泳ぎの練習

  指導教授や他の先生も

 

 

0

第77回国民体育大会冬季大会に向けて

本校3年次生スキー部の奥田君は今年の1月に長野県菅平高原パインビークスキー場で開催された第76回国体冬季大会スキー競技会予選会で見事に国体の出場権を獲得しました。

第76国体冬季大会は今年の2月に秋田県鹿角市で開催予定でした。

コロナ禍で大会は開催されませんでしたが、次の第77回国民体育大会冬季大会の有望選手となっています。

出場に向けて頑張ってほしいと思います。今後の活躍を期待しています。

 

0

TALK WEEK 校内授業公開週間

今年度も例年同様TALK WEEKを実施しています。

TALK WEEKとはTeacher' Active Learning in Kumako の略です。

 

先生同士が生徒の皆さんのために少しでも良い授業を行うことを目的に実施している取組です。

本校のアドバンス委員会が主催で行っている事業です。

 

ここでのActive Learningは「教員同士が積極的に学び合う」ことを意図しています。

「論理的な思考力と発信力の育成」を目指す授業について、

教員同士、良い実践を校内で共有することを目的としています。

 

本校では、「質実剛健」「文武両道」「自由と自治」の校訓のもと、

逞しさと豊かな人間性を有し、地域、日本そして世界で活躍し、貢献できる

次代を担うリーダーの育成を目指しています。

 

生徒の皆さん、深い教養と高い志を胸に秘め、自ら考え判断し、

責任を持って主体的に行動できるように先生方とともに頑張りましょう。

 

 

【目的】

①「論理的な思考力と発信力の育成」を目指す授業について、良い実践を校内で共有する・

②相互に新たに気付きを得ることで、学び合う組織づくりを進める。

 

【期間】

6月7日(月)~19日(土)

     コメントを書き込む用紙

 

0

エアーステーション(自転車の電動空気入れ)

1Fの下足室を出たところにエアーステーション(自転車の電動空気入れ)が設置されています。

エアーステーションとは、

駅、ホームセンター、体育館、学校などの駐輪場に設置するタイプの、

安全で手軽な自転車・バイク用電動空気入れとして、様々な施設で導入されているものです。

 

本校では自転車で通学する生徒も多く、エアーステーションを利用する機会も多いと思います。

この電動空気入れは、3月に卒業した卒業生から記念品として贈呈されました。

卒業生の皆さんどうもありがとうございました。在校生はとても重宝しています。

 エアステーション 保健室横

   空気を入れています

 

 

0

芸術 書道

最近STEAM教育(Science Technology Engineering Art Mathematics)という言葉を耳にする機会も増えました。

本校でもSSH(スーパーサイエンスハイスクール)を実施している高校なので、数学や理科では他校で体験できないような様々な活動を行っています。

 

それとともに芸術に関しても生徒が一生懸命に取り組んでいます。

授業では音楽、美術、書道のうち一つを選択します。

 

書道部の生徒と書道選択者の生徒が、毎年県が主催している書きぞめ展や硬筆展に出品しています。

書道部員は書道塾での経験者もいますが、ほとんどが初心者です。

初心者でも取組方、練習の仕方によっては、県展で上位入賞する人もいます。

 

県展では上位の一割しか入賞しない推薦賞に複数人が入賞しています。

 

顧問の風間先生によれば、一つの作品を仕上げるのに、通常は、百枚以上書くとのことでした。1枚書くのに30分はかかり、毎日2~3枚練習して、2か月以上かかるとのことでした。

興味がある人は、是非挑戦してみてください。

      推薦賞 

    管理棟 1F

    特選賞 優良賞

0

教育活動の継続 感染防止対策徹底 模試の実施 等

現在、まん延防止重点措置が適用されています。

「学校運営の基本方針は、感染防止対策を徹底しながら、教育活動を実施する」という県の方針に基づき、

本校では、今日も様々な教育活動が行われています。

 

校外で各種の大会等に参加している生徒もいます。

 

校内では、3年生はほぼ全員の生徒が模試を受けています。

2年生の希望者も模試を受けています。

皆、真剣そのものです。

 

こうした積み重ねにより生徒の皆さんは確実に成長していくものと思います。

 

模試は、本番を意識して朝の早い時間からかなり遅い時間まであります。

丸一日の長丁場です。

生徒の皆さん、指導・担当の先生方、お疲れ様です。頑張ってください。

              2年次生の様子

    3年次生の様子

    廊下から見た様子

 

0